一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS トレイルレポート 棒ノ折山

<<   作成日時 : 2008/10/10 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京近郊の山としては、かなり人気の高い山です。
皇太子様も登られたとのことで、さらに人気がアップしたとか・・。

土日祝日では登山者が多くてマウンテンユニ遊びはチョット気がひけてしまいますが、平日なので行って来ました。
登りで人気があるルートは皇太子様が登ったと言う白谷沢のルートですが、マウンテンユニの周回コースと言うことで、駐車場の河又名栗入口から尾根沿いの登りを選択。
トイレ前のこの駐車スペースは、狭いので平日専用でしょうかね。
画像
画像
登り始めはしばらく急な登りですが、尾根上にでるとマウンテンユニで下って楽しそうな穏やかな登りとなりました。
途中3回林道を横切って、最後に急な丸太の階段を頑張るとゴンジリ峠。
画像
峠から、今回マウンテンユニのトレイルとして選んだ小沢峠への尾根が続いています。
とりあえず、棒ノ折山の山頂までここから往復しました。
山頂までの登りはこんな歯槽膿漏状態の階段です。
画像

人気のある山は、こういう登山道のパターンが多いですね。
丸太の階段は土が流れて、階段と言うより梯子状態。
とても歩きづらいので、みんな階段の左右を歩くのですが、左右もそのうち荒れてきて、別のルートが林間に作られてしまいます。そもそも階段て必要なんでしょうかね?

棒ノ折山の山頂は非常に広いです。
秩父方面の展望が良好で、一週間前に登った堂平山の天文ドームも双眼鏡で確認できました。
画像

山頂着は午前9時すぎでしたが、登山者3人に会いました。さすがに人気の山ですね。

さてさて、ここからいよいよプロテクターを装着してトレイルライド開始です。
ゴンジリ峠から先はマイナーなルートと見えて、道は荒れてなく、かなり良いトレイルでした。
一度登りかえして、黒山に到着。
画像
ここから小沢峠への尾根道はさらにマイナーなルートとなります。
↓こんな美味しいシングルトラックの道でした。
画像

地図上の等高線から想像していた以上に、基本的に平らなトレイルが続きます。
で、こう言う楽勝なところに限って、気を抜いて大転倒をやらかします。
プロテクターが少しズレていて、流血!
山の緑に赤が美しい・・・・少しすりむいて血が出てる位のほうが調子がでるのは私だけ?
画像
本日の出来事。
トレイルに新しいバイクのタイヤの跡がずっと続いていたのですが、そのバイク、途中で滑落してました・・・・。
画像
ライダーが落ちて動けなくなっているかも・・・・と探したのですが、その様子はなく、バイクのキーも抜いてあったので、ライダーは歩いて下山したようでした。
しかし、ナンバープレートも外されていたので、もしかしたら捨ててったのか?
まだ、新しいバイクなのに・・・・・って言うか、山にそんなもん捨てるな!!
新品のように見えるバイクだったので、「ご自由にお持ち帰りください」って貼り紙しておけば頑張って持って帰る人がいるかも。

走り始めは、走りやすくてゴキゲンだったこのトレイルですが、一時間以上走っていると、なんか単調な感じでだんだん飽きてきてしまいました。
杉の植林がメインで景色もあんまり変化がなく、疲労感もあって、最後は長い尾根だな〜って、ちょっと嫌気が・・・。
こんなカヤトの気持ちよい場所も少しはありましたが・・・。
画像
最後は小沢峠を下って峠のトンネルの端へ。
あとは、車道をシコシコ走ってパーキングまで。

全行程で5時間以上かかり、結構疲れました。
黒山から小沢峠までの尾根道は、下りを楽しむと言うより、クロカン的なトレイルなので、棒ノ折山に登らず、このトレイルのみをクロカン的に楽しんだほうが良いみたい。
林道が尾根まで来ている場所があるので可能だと思います。
滑落していたバイクもそのパターンだったようです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレイルレポート 棒ノ折山 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる