一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 最低の日

<<   作成日時 : 2008/12/12 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょっと間があいてしまい、今日はやっと山に行ける日でありました。
天候はこの上なく、気持ちよくマウンテンユニで遊べる予定でした。

本日のターゲットは、埼玉県と東京都の県境にある蕎麦粒山。
一般的な登山道で下から登るとかなり長い行程になり、大変なのですが、マイカー利用の場合は名栗湖から林道(広河原逆川林道)を利用してズルをすれば、結構楽に尾根道を楽しめそうなのです。

わくわくしながら車を走らせると、林道の入り口にバリケードが・・・・・。

「12月12日まで工事のため通行止」

・・・・・って、ピンポイントで今日までかい!!!!!!!!!!!!

うわ〜って感じでしばし呆然。
しかし、迂回路を通れば目的地まで行けると思い、別の林道に入ってみたところ、しばらく行くと、

「土砂崩れのため通行止」

・・・・・。

目的地までは、かなりの距離があり、とても歩いて行く気にはなれません。

途方にくれてしまいましたが、せっかく名栗まで来たので、他の山で遊ぶこととしました。
名栗湖から登る一般的な山は「棒ノ折山」なのですが、この前走ったばかりだし、一輪車にはイマイチの印象だったので、登る気になれず、名栗湖近くの金比羅山で遊ぶこととしました。

金比羅山は、マウンテンユニを始めて間も無い頃に、仲間と転びまくった「虎の穴」的、ハードトレイルなのです。
過去2回チャレンジし、「宿題」である未走破のポイントを一箇所残したままになっていました。
距離的にはほんの2キロ程度なのですが、木の根っこがビシバシあって、「楽しむ」って言うよりは、「鍛える」って感じのトレイルです。
画像
金比羅山の金比羅神社は落雷による火災のため焼失しています。
スタートはこの金比羅神社跡から少し登ったところとしました。

金比羅神社跡からすぐは丸太の階段となっており、幅も狭く恐ろしいです。
でも、丸太の階段は、マウンテンバイクやマウンテンユニで走ると階段へのダメージが大と思われるため、仲間とは基本的に走行不可の場所としており、クリアーできなくても「宿題」にはしていません。

階段が終わって、すぐに現れる木の根っこがらみの急斜面が「宿題」ポイントです。
見た目にはクリアーできそうなのに、いざ走ってみると何故かできない・・・・・。

本日も手こずって、何度も一輪車をふっとばしておりました。
でも、感触として何回かチャレンジしていればクリアーできそうな気がしておりました。

ところが、何回かのふっとばしの後、ふとブレーキレバーを握ると、ぐっと深く握りこめる・・・。
あれ?
と思ってブレーキを見ると・・・・・・オイルがジワ〜〜・・・・。
やっちまった〜!!!ブレーキホースを痛めて、オイル漏れです。本日は終わりです。
画像
もう2年間ほどブレーキ付の一輪車に乗っているため、急にブレーキ無しで走ろうとしても、感覚が戻りません。
おまけにタイヤはぶっとくなってるし、クランクも短くなってるしで、押さえが利きません。

意気消沈して、緩めな斜面だけ走って下山いたしました。
宿題はクリアーできなかったし、走り始めてすぐのトラブルなので、まったくの欲求不満。
悪いときには悪いことが重なるもんですね。

帰宅して早速、自転車屋さんに修理を依頼しましたが、なんとパーツ(マグラオイル)が年内に入るかどうか分からないとのこと。
21日の予定もあるし、そんな悠長なことは言ってられないので、「ユニコム韓国」で新品のブレーキを購入しました。
送料込みでも、国内で買うより安いんじゃ・・・・。

すると先刻、韓国より発送したのとのメールが届きました。(早すぎっ!!!)
画像

日本の自転車業界の方は見習って欲しいです。
自転車屋さんの話では、自転車業界は「のんびり&いい加減」が基本なんですって・・・・。

ある意味羨ましいかも・・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オイルブレーキはオイル漏れのトラブルもあるのですね、勉強になりました。

それにしてもユニコム韓国は好レスポンスで良いですね!
私も次の買い物をしようかなー。
MAKOTO
2008/12/13 07:26
当たり所が悪いとオイルホースが裂けてしまうんです。
現地での修理は不可能なので、マウンテンバイクでもサバイバル的なツアーをする方は油圧ブレーキを使わない人もいるようです。

しかしながら、性能的には油圧は最高。
一度使ったら止められません。

ブレーキブースターという代物で、ホースをガードすれば今回のトラブルは避けられたと思うので、現在インストールを検討中です。
aoringer
2008/12/13 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
最低の日 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる