一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 鐘撞堂山(かねつきどうやま)レポート

<<   作成日時 : 2009/01/16 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は先週の雪が心配であったため、標高の低い山と言う事で、寄居駅近くの鐘撞堂山に行ってきました。
駐車場が無いので最悪路上駐車かな・・・・と思っていたのですが、ホームセンターの大きな駐車場があったので、そこの隅っこに駐車してしまいました。(スミマセン!)
まぁ予定では、開店前に下山してしまうので迷惑にはならないかと・・・・。(汗)
画像
画像
心配した雪はまったくありませんでした。
標高500m以上の山の頂には雪が残っているのが見えましたが、鐘撞堂山は330mしかないので、雪は皆無。

登りのコースは大正池と言う小さな池を経由するコース。
池までは舗装路で快適に一輪車で走行可能。
池から先は舗装していませんが車道なので、ちょっと頑張りが必要なものの一輪車で走行可能。
画像
途中から車道を右に折れて、登山道になるのですが、その入り口に看板が・・・・。
「ハイキングコースのため自動二輪・自転車乗り入れ禁止」登山者が多い低山のハイキングコースでは、よくある規制です。

でもぉ、一輪車は法律で自転車と認められてないんですから、遊具ですから。
それに、乗り入れじゃなくて担ぎ入れですよぉ。
・・・・と言うことで、該当しないと結論し、通過。
画像
暫く登ったトレイルの様子は、上の写真のような状況で、かなり平らにきれいに整備してありました。
これでは、マウンテンバイクで高速走行する者もいるでしょう。乗り入れ禁止なのは納得ですね。
一輪車は理屈としては規制の対象外でしょうが、無用なトラブルは避けたいので、このルートはハイカーのいない平日限定にしたほうがよさそうです。

山頂へは簡単に到着してしまいました。
山頂にはあずま屋と展望台があり、展望は360度。大変素晴らしいです。
特に今日は、昨日の強風のおかげで空気が澄み渡っていて、遥か遠くの山々まで見渡せ、ご馳走様〜って感じでした。
画像
さて、いよいよ下りであります。
下りのルートは桜沢へ抜けるルートで、地形図には載っていませんが、ポピュラーなルートのようです。
走り始めてすぐに、一輪車的には相当恐ろしい急な階段の連続・・・・。
でも、階段の横の斜面に、細かくて急な九十九折れのトレイルがあり、難しいながらもマウンテンユニで走れます。
画像
途中の尾根から見上げた山頂。
雑木林に囲まれた清清しい雰囲気です。
画像


本日の出来事。

山頂を出たのが8時30分頃だったので、まったく人に会わなかったのですが、下り始めて暫くしたら高校生のカップルがおりました。
学校サボってデート?しかも、こんな山の中をですか?
実は昔の私も似たようなことをやっていたので、今でもいるんだ〜って感動したのであります。
こっそりデートしている割には、元気で爽やかなお二人でありました。 (ほのぼの〜)

急な階段の斜面を下りきると、アップダウンを繰り返す尾根道になります。
本日の行程は短いので、いつもなら小ピークは巻いてしまうのですが、本日は小ピークをみんな拾いながらトレイルを堪能。
林はみんな落葉樹で、しかも南斜面なので、大変気持ちが良かったです。
トレイルはイージー過ぎることもなく、テクニカルな箇所もありました。
画像
平日の朝でありましたが、下りの途中では、高校生のカップルを皮切りに計8人ほどのハイカーと会いました。
地元の人の散歩コースにもなっているようです。
土日には相当の人が訪れるものと思われ、やっぱりココは平日限定のユニサイクル・トレイルと言えそうです。
なお、下った桜沢のコース入り口には、自転車乗り入れ禁止の看板はありませんでした。(急な登りなので、乗り入れたくても無理ですが・・・)

行程が短いのと、里山なのでワイルド感に欠けるのが、私的にやや物足りない感じでしたが、今日みたいに雪の後とか、ほかの山で遊べないときに軽いハイキング感覚で遊ぶには気持ちの良いコースです。
登りも一輪車で走れるので、オフ会には良いコース・・・・でも平日限定なのが痛い。
駐車場には、予定どおりホームセンターの開店前に到着しました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鐘撞堂山(かねつきどうやま)レポート 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる