一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 1,000m爽快ダウンヒルだよ。

<<   作成日時 : 2011/04/22 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

本日は久々に金曜休みでありました。
前回はちょっと欲求不満気味でしたので、本日はもうちょっと手ごたえのある山に行きたいなってことで、ターゲットにしたのは、奥多摩の七ツ石山。標高1,757m。
画像
画像


スタート地点からの標高差は1,000m強で、御前山とほぼ同じ。
ルートは鴨沢からの尾根の往復で、このルートは雲取山登山のメジャールート。
休日は人が多くて走れないだろうと読んでいましたが、平日ならば問題ないだろうってことで・・・。

雲取山へは何度が登ったことがありますが、このメジャールートを登ったことはありません。
噂では、大変登りやすい道と聞いていましたが、確かに山道とは思えないような極上トレイル。
さくさく登って、約2時間30分ほどで山頂着。
画像


先のほうに石尾根縦走路が雲取山方面へ続いています。
ちょっと里山とは違うスケールの大きい眺望であります。曇りなのが残念。

登り始めは、気温が高くて暑かったのに、さすがに1,700mオーバーの山頂は寒かった。
暑いからいいやって、車にガスコンロを置いてきてしまったことを後悔・・・。
画像


さてさて、山頂でプロテクターを装着し、いよいよ一輪車に乗車。
山頂直下は、斜度は無いものの、岩がごつごつしていて、見た目でチキンになってしまって、失敗多数・・・。
走り始めの調子の出ない場面なので、仕方が無いと思いつつも・・・・・情けないな〜・・・・。

七ツ石小屋。
画像

食事とかも出来るんですね。
平日も営業しているのか不明。
ちょっとメインルートから離れたところにあるので、道標のあちこちにご案内が出てました。

山頂から2kmぐらいは、それなりに斜度があって、テクニカルな場面も多かったです。(でも絶対ムリ!!って場面は殆ど無い)
調子も出てきて、楽しめました。
画像


恐ろしいのは、時々谷側が深い急斜面になっていて、誤って落ちたらどこまでも・・・・天国まで・・・って場所がいくつかあること。
人間が落ちないにしても、一輪車を落としたら、諦めるしかないです。
画像
画像


往復コースなので、登りの途中で、危険箇所をチェックしておきましたが、それでも、一輪車に乗ってると、思いっきり路面状況に集中しているので、谷側の状況に気づかなかったりしますね。
まぁ、あえてスリルを味わったりもしてましたが・・・。(笑)

ひとしきり、石の多いトレイルを味わうと、そこから先は極楽トレイルであります。
画像

斜度も小さく、石や根っこも少なく、こんなんでいいのか!?って思うぐらい、走りやすいトレイルが、ずーーーっと最後まで続きます。
ブレーキをかけながら、シッティングでバーっと下れちゃいます。
こんなに長大なイージートレイルは初めて!!
つまらないので、あえて石や根っこの場所を選んで走っちゃいました。初心者の人でも堪能できそう。(ただし谷側の崖には要注意)
画像


雲取山登山のメジャールートとなっているのも頷けました。
そんなわけで、今日は平日であるにもかかわらず、多くの登山者とすれ違いましたね。
平日で、こんなに登山者にあったのは初めてじゃないかな。
やっぱり休日に走るのは無理そうな印象でした。

一輪車で走った感想は、長距離を一気に駆け下る爽快感はあるものの、山頂周辺以外は、トレイルに変化が少なく、単調で飽きちゃう点がよろしくないです。

同じ1,000mダウンヒルなら、御前山のほうが変化があって楽しいです。

でも、ま、それなりに疲れて、欲求不満解消です♪

にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、ご無沙汰しております。私の場合持久力がないので長い単調な下りは駄目ですね。ダーッがすぐにダラーってなっちゃいますね。ってそれより今は山行きたい病にかかってますわ。今年は子供会の役員やら寺の役員やら親父の骨折やら夫婦仲が悪いやら、思う様に動けまへ〜ん!
○○84
2011/04/23 19:39
○○84さん、お久しぶりです。
そりゃもう、春が来たぞ〜〜って状況の中、山に行ってないんじゃ、病気になるのは当たり前。
大人は色々事情があって動けない時もありますものねぇ。
一刻も早く、治療のために山に行けることを祈ってます。
ところで、私もついに50代です。
ちょっと前はフォーティーズ!!って40代を楽しんでいたのに、いつの間に50代。
共に頑張りませう!
aoringer
2011/04/23 22:26
40代から50代に突入した時には、さすがにえらい歳くたなぁって感じた様に思いますが、実際には別にどうって事無いですよね。ただ体力の衰えと、一輪車に初めて乗ったのが突入後だったので暫く乗らないと下手になってそうで不安になりますが。それでもaoringer さんのおかげで、山行きたい 乗りたいって気持ちを持ち続けていられる様に思いますわ。ところで今日は久し振りにちょこっとだけ山で遊んで来ましたよ。もっと山行きたい病にかかってしまいました。
○○84
2011/04/29 23:41
中途半端は一層病気を悪化させちゃう?
私の経験では、隔週で山に行っても進歩は遅いですが、毎週行くと、かなり進歩する気がします。
・・・・ただし、実現はかなり困難。
いずれにしろ、乗れば乗るだけ上達するってことは間違いないですね。
aoringer
2011/05/01 13:04
榧の木尾根と比べればこのルートは楽勝でしょうが、凄いですね。一輪車で山を下りるなんて想像を絶します。ブレーキが付いているようですが。七ツ石からどのぐらいで下りれるのでしょうか。私は楽するために雲取山山頂から自転車で下りることがありますが、一輪車は決して楽ではないでしょう。凄い世界があるものです。
おじさん
2011/06/06 14:23
おじさ〜ん!はじめまして!
過去記事へのコメントはチェックを忘れがちで発見が遅れてしまいました。ど〜もです。
一輪車の下りに要する時間は、基本、徒歩と同じか、微妙に早い位です。(笑)
結局、疲れるので休憩時間が長いのです。
七ツ石のこのルートみたいに楽勝トレイルだと、徒歩よりは全然早いですが・・。

実際やってみると、そんなに凄いものでは無いのです。雲取山頂まで自転車を担ぐほうが凄いです!
見た目の印象より凄くはないですが、見た目の印象より、面白いのではないかと思います。
一輪車だと、担ぎの登りより乗車した下りのほうが疲れる・・・ってわけの分からない世界ですが、面白さは格別なのですよ。
一輪車に乗れる大人は結構いますが、プラス山好きの人ってなると、なかなかいないようです。
おじさんもぜひチャレンジして下さ〜い!!
aoringer
2011/06/10 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
1,000m爽快ダウンヒルだよ。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる