一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS そして山一輪車復活(笑)

<<   作成日時 : 2011/06/25 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

すっかり釣りモードの数週間を過ごしておりましたが、現金なもんで、秋田から帰ってきたら、もりもりと一輪車の禁断症状が・・・・。(笑)

「山一輪車やりて〜!!」

ってことで、昨日天気予報とにらめっこしてたんですがね。
昨日の予報では、唯一休みの土曜日は、午前9時ごろには雨・・・・・。
半端じゃない暑さだった金曜日には、雨でも涼しくて良いかも・・・・なんて考えてましたが、冷静に「大人」の判断をすれば、やっぱり雨の日は乗らないほうがいい。
画像


そんなわけで、諦めて、ちょっと夜更かしなんかしてたのですが。

朝目覚めたら、晴れてるじゃん!!!

うお〜〜い、何てこったい。
すぐに天気予報をチェックしたら、雨の降り出しが遅れている!
午前中なら大丈夫そう。

・・・・そんなわけでドタバタと出発したのでありました。

こんなドタバタ状態の中で行くとなったら、やっぱり「聖地」しかありません。
最近、ここばっかり・・・・・でも、距離は短くても面白いんだもん。堂平山〜笠山コース。

ちょっと来てない間に、秩父の山はかなり夏モード。(秋田の山はまだフジが咲いていた)
あちこちでマタタビの葉が白く色づいてました。
画像

ユキノシタって、自宅の庭にも咲いていますが、山で、改めて見ると結構美しいですな。
画像


そんでもって、生き物達もワラワラと・・・。
でっかいヤスデ。
画像
ナナフシの幼虫。
画像


昨日の猛暑がウソのように、今日は快適な気温。
ただし、湿度は高く、山の上はガスってました。
幻想的な風景。
画像


山頂はこんな感じ。
すぐ目の前の天文ドームが見えない。
よく見るとボーっと影が写ってます。
画像


堂平山への登りには、モミジイチゴが沢山ありました。
こいつは中々美味しいのでありますよ。
ちょこちょこつまんでは口に放り込みながら、登りました。
画像


一方、見た目に赤くて美味しそうなニガイチゴは、文字通り苦くて美味しくない。
幸いにして、圧倒的にモミジイチゴのほうが多かったです。
画像


天気予報のせいか、はたまた、ここのところの暑さのせいか、本日の山は人がおらず静かでありました。
車道を走るロードマンも、オートバイもごくわずか。
でも、そんな中で、MTBライダーとすれ違いました。

フルサスのカッコいいバイク・・・・。
最近、MTBカタログなんて見もしないので、(かつてはバイブルだったのにね)なんかそれなりに進化してる感じだったな〜。
「歳をとったらマウンテンユニが良いですよ」
と、勧誘しておきました。
見た目の感じでは、マウンテンバイクより、一輪車のほうがずっと危険そうに感じるけど、実際はスピードが出ないので山一輪車のほうが安全だと思うのです。
こける回数は、MTBの比ではないかも知れませんが、コケた時のダメージがMTBのほうがずっと大きいと思う。
・・・・で、年寄り向きってわけ。

まぁ、理屈はどうあれ、面白いんですよ。山一輪車は。
おかげで、所有するマウンテンバイクすべてを処分してしまった私です。

本日のトレイルの状況は、100点満点の走りやすさでした。
濡れて滑ることもなく、乾きすぎてもいない。
ちょっと間があいたので、気分も新鮮で絶好調に近い走りでした。
画像



本日の開眼ポイント。

数年前に、神クリスホルムのコラムを和訳してブログに載せましたが、その中に、走行中、トレイルの先に減速するポイントやリカバリーポイントを見つけながら走れって、書いてあったんだけど、イマイチ実践だと良く分からなかったのですが、なんとなく、今日、その意味が分かった感じ。

たとえば木の根がゴリゴリの急斜面。(堂平山飛行場直下とか)
こんな場所だと、ついゴリゴリの木の根を注視してしまうのですが、それを越えた先の根のないスポットに視線をやって、そこで、減速&バランス修正をイメージしならが走ると、ゴリゴリの部分は、さらりと越えられる!

つまり、怖い部分は見るな!ってこと。

怖いところを注視するとバランスを崩すってことは分かっていましたが、その先の修正スポットを注視する!ってことまでは分かってなかった。
ちゃんとクリスホルムが書いてあったのにね。
そんなの当たり前だろ・・・・ぐらいに考えていましたが、いやいや重要なコツであることが分かりました。

いやいやマウンテンユニの面白さは無限でありますな・・・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか解りますね。
私も今日朝ユニしたんですが、たしかにデンジャラスなところは見なかったことにして突っ込んで、その後の安全帯でがんばってリカバーすれば、なんとかなる場合がありました。
YAYA
2011/06/25 21:08
はじめまして。teekureと申します。
30代後半の男性です。
マウンテンユニを満喫していらっしゃるブログをいつも楽しく拝見させて頂いています。
私は子どもと一緒に一輪車を始め、乗れるようになったら楽しくなり、自分用にと格好から24インチのマウンテンユニを買ってしまいました。
こちらのタイプです。
http://www.unicycle.kr/shop/step1.php?number=1448

ところが、まだ未熟な私はタイヤがごつくて乗りこなせずに困っています。
身長180センチの私ですが、20インチの子ども用の方が小さくてもタイヤが細いので快適に思えるほどです。
そこでタイヤの交換をしたいのですが、山を目指す前に一輪車の基本的な技術をまず会得したいので、なるべく細くて機敏性(?)のあるタイヤを探しています。送料もバカにならないので、国内で売っている物で調べているのですが、リムのサイズ表記は507×42とあり、どのサイズのタイヤが適当で、チューブ交換もすべきなのかも、ネットでもうまく調べられずにいます。
今のところ、こちらのタイヤか
http://item.rakuten.co.jp/joint/tir-tog-tir195/

こちら
http://item.rakuten.co.jp/atomic-cycle/5-tir106-24/

かなと思っています。
お忙しいところを非常に申し訳ありませんが、ご存じでしたらお教えください。

また、いつの日かご一緒に山を走らせて頂けたらと思っております。
よろしくお願い致します。
長文で申し訳ありません。
teekure
2011/06/25 21:50
YAYAさんもユニしてましたか。
一輪車って基本微妙なバランスで走っているからか、コツも微妙だったりして、中々単純にいかないところが面白いです。でも、乗ってると着実に進歩するところが楽しい♪

teekureさん、初めまして。
MUNIは情報が少なくて悩みますよね〜。
私が思うには、リム幅があるので、あんまり細いタイヤは厳しいと思うのですが・・・。
これなんかはいかがでしょう?
http://www.maxxis.jp/ur_hookworm.html
現在ご使用中のDuroタイヤは、チャンピオン的に重いので、他のどんなタイヤに交換しても軽く感じるんじゃないかな。
まして、スリックタイヤであれば全然軽いと思います。

ぜひぜひお山でご一緒しましょうネ!!
aoringer
2011/06/25 23:17
早速のご返答をありがとうございます。
おすすめ頂いたタイヤはunicycle.com koreaにチューブ付きで売っていた物を購入してしまいました。
我が家は裕福とはほど遠いので、価格や仕様であれこれと悩んでいましたが、aoringerさんに背中を押してもらった形です。
交換後に感想をお伝えしますね。
私は東京在住なので、山にご一緒させていただくのはそれほど難しくないと思います。いつになるかは分かりませんが、その時はよろしくお願い致します。
この度はありがとうございました。
teekure
2011/06/26 21:46
やっぱりマウンテン一輪車より面白、楽しいものはないとやっぱり自分も思っておりますよ。皆さんがハマっていくのも十分に解ります。マウンテン一輪車人口やっぱり増えて欲しいと願ってます♪
嗚呼ッ…しまちゃんね
2011/06/27 10:54
teekureさん、ユニ韓国でご購入でしたか。
感想お待ちしてます。
アイドリングがこなせるぐらいになったら、たぶん山でも楽しめるのでご連絡を。山道ご案内いたしますよん。

しまちゃんコメントありがとうございます。
マウンテンユニが主題のブログは超レアなので、リンクさせていただきます。
所有のMUNIはノンブレーキですよね?
ブレーキ付けると山走りは面白さが倍増しますので、ぜひご検討を。
涼しくなったらマウンテンユニツアーを開催すると思うので、よかったら一緒に転びませう。(笑)
aoringer
2011/06/27 20:29
関西のYOYOです(^0^)梅雨の時期の天気予報、めっちゃ気になりますよね(*_*)今週末はもちそうですね(^0^)

秩父は、東京の辺りですか?山のいちごがある道があるんですね(^0^)京都の山も、夏の感じになってきて、今日は黄色いちょうちょの群れと一緒に山道を下っていました。えさがなくなって里の方に降りてきている、鹿のふんも多いです。

最近は、トレランの大会に向けて走ることが多く、一輪車乗れていません(*_*)山一輪車でも、山道を利用して減速するんですね。走るときも、急でごつごつの走れなさそうに見える下りも、ウネウネぽんぽん蛇行しながら小またで、行くと、蛇行がブレーキになってうまくいく、と言われました。

Aoringerさんのブログを読んでいたら、めっちゃ山一輪車に乗りたくなりました(^0^)今週は無理やけど、来週かついで行ってみます(^0^)
YOYO
2011/06/29 21:33
YOYOさんお久しぶりです。
トレラン中心の山活動なのですね。
いずれにしろ山好きで何よりです。
山はいいですよね〜。
逆に言えば、街はやだよね〜・・・って言うのが正しいのかも・・・。
来週かついで・・・って一人ですか?
女性一人で一輪車で山を走ってるって、この世のこととは思えない。ファンタジスタと呼ばせてください。(笑)
aoringer
2011/06/30 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
そして山一輪車復活(笑) 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる