一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと高い山へ。

<<   作成日時 : 2012/04/20 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

本日は金曜定休日。
うれしい平日休みであります。

平日休みの時は、混雑を気にして山を選別する必要は無く、行きたいところへ行けちゃう♪
ここのところ、冬のパターンで、聖地を中心とした低山ばかりだったので、ちょっと標高の高い山に行きたくなりました。
画像


で、選択したのは奥多摩の鷹ノ巣山。標高1737メートル。
最近まで積雪があったようですが、さすがにもう大丈夫でしょう。
車で標高900mぐらいまで行けてしまう、浅間尾根の往復をチョイス。
画像


鷹ノ巣山には、石尾根ルート、稲村岩尾根ルート、カヤの木尾根ルート、水根沢林道ルートから登ったことがありますが、浅間尾根は初めてであります。・・・・と言っても、過去に登ったのはかなり古い話。久々の鷹ノ巣山です。一輪車では走るのは初めて。

天候は、「霧」。
展望はまったく無しでありました。

道端の苔に、霧が吸い付いて、こんな水玉の花となってました。
拡大するとなかなか綺麗です。
画像
画像


駐車場所の「奥」って集落(本当に山奥・・・こんなところで生活してるなんて感動しました)から、鷹ノ巣の避難小屋まで、2時間くらいかかると思ってましたが、1時間半で着いてしまいました。
思ったより登りやすい道だったってこと。

鷹ノ巣の避難小屋。
画像
画像


う〜ん・・・・恐ろしく立派です。長期滞在したくなっちゃいますね。(しないで、って注意書きがありました)
その昔、私が泊まった頃とは雲泥の差。
昔は確かブロック積みか何かの、倉庫みたいな避難小屋だったと記憶するのだが・・・。

気温は3℃ですね。
でも、山登りしてるので、ぜんぜん寒くはありません。ちょうどいい気温。
画像


避難小屋からは石尾根を登って、鷹ノ巣山頂までは30分ほど。
晴れていれば、相当気持ちの良い展望が楽しめる筈なのですが、周囲は真っ白。
誰もいない静かな山頂を、ゆるゆると霧が流れて行く・・・・・まぁ、これも一つの山の風景ですわな。

さて、ひとしきり山頂の雰囲気を楽しんだら、一輪車♪

防火帯の明るい石尾根のダウンヒルは、爽快!!・・・・って霧が無ければね。(笑)
画像
画像

スタートしてすぐに気づいたのですが、やっぱり、タイヤの空気圧が高いです。
標高が高いと気圧の関係で、相対的にタイヤの空気圧が高くなる。

超ファットなタイヤに低い空気圧なもんで、気圧差による変化がよく分かるんです。
ゴツゴツした乗り心地になってしまいましたが、さほどハードな路面ではないので、そのままエアーを抜かずに走行。
あっと言う間に避難小屋まで降りてきて、そこからは浅間尾根へ分岐。

これがまた、なかなかすばらしいトレイルなのですよ。
斜度は緩からず、急過ぎず、適度に根っこや石があって、楽しい♪
まったくの白い世界でしたが、天気がよければ相当楽しいのではないかな。

避難小屋下斜面の水場には、ハナネコノメが咲いていました。
ちっこい花なので、注意しないと見落としてしまいますが、なにげにハイカーに人気があるみたい。
遠目には分かりませんが、近くで見ると、確かに可愛らしい花であります。
画像

トレイルは上部が落葉樹林、その下がカラマツ、最後が植林って感じでした。
走りやすいので、ガンガン下って、ひーひー休んで、ビンビン下って、ゼエゼエ休んでって感じで、かなりハイペースで行けます。
画像
画像

結局、鷹ノ巣山から1時間ぐらいで駐車場所まで降りてしまいました。
・・・う〜ん、かなり楽しかったけど、少し物足りないかな〜・・・。

でも、これから緑の季節になって、天気がよければメチャ気持ちが良いに違いないので、ぜったいもっぺん行っちゃうもんね。
ここもお気に入りに追加だな・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アラ還の青にん改です。

ブログを毎回楽しみに拝見させていただいております。
昨年11月にNimbus24インチを無謀にも購入して、一輪車歴ハヤ半年。
今年の冬は寒くてなかなか乗れず、補助無し乗車で壁にぶち当たり、現状は「一輪車協会公認小学校技能検定7級」どまりです。(大人の理由は色々あります(笑))

還暦まであと3年。
aoringer様のブログを糧に、無理せず山を目指します。
青にん改
2012/04/20 18:55
青にん改さん、お久しぶりです。
一輪車は乗車時間に比例して上達するって分かっていても、なかなか思うように乗れないのが大人の悩みって奴ですよね。
私はもともと多趣味なんですが、齢をとるに従い、山一輪車オンリーになりつつあります。(そんだけ面白いってことでもありますし、気力、体力ともに他に向ける余裕がないってことかも/笑)
近い将来、共に「山」を語れる日が来ることを楽しみにしておりますよ〜。
aoringer
2012/04/21 16:46
はじめまして、MYMTと申します。
一輪車経験が2年程の40代のおっさんです。
私の場合、ダイエットを兼ねて始めた一輪車ですが、練習はぼちぼちしかやらないので2年経っても山へ入るなどと大それた事まではとてもできないレベルで、せいぜい街中を練習がてらでふらふら走っている程度です(これが結構恥ずかしいんですよ、あっ 大人が一輪車にの乗ってるって指さされますからね、近所でも変人扱いされてるかも…)。大人の一輪車乗りは他に見た事がありません。日本に何人位いるんでしょうね、500人位?
aoringer様のこのブログを見ていると、大人の一輪車乗りが日本にもいらっしゃるのかと安心します。また、山も楽しそうですね、技量はまだまだで、機材(muniの入手)も手に入れれば、私もやってみたいものです。
そのうち、質問などするかも知れませんがその際はよろしくお願いします。
MYMT
2012/04/22 00:23
MYMTさん、初めまして。コメント感謝です。
そうそう、大人の一輪車って恥ずかしいですよね。
24インチなんか乗ってると、クスって笑われることもありますし・・・。
でも、36インチの巨大一輪車なら、すげぇとか、カッコいいとか、欲しいとか、うれしいコメントをいただけますよ・・・・。結局恥ずかしいのは一緒ですが・・・。

その点、山は人の目をほとんど気にする必要が無く、やりたいよーに走れるので助かります。
楽しさに集中できるのは有難いです。
もともと私は山を走りたくて始めた一輪車なのですけど、(動機が不純?)想像以上に面白くて、思いっきりハマってます。
ぜひ機会があればチャレンジを!!
aoringer
2012/04/22 21:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと高い山へ。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる