一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS また行っちゃいました。

<<   作成日時 : 2012/08/23 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

8月の猛暑の中、4週連続で山に行っちゃいました。
・・・実は猛暑だからこそ・・・ってことかも。
画像

今日も今日とて、登山スタート時は、気温19度。
登ればどんどん涼しくなって、下界の暑さは微塵も感じないです。なんて贅沢♪

湿度が低いことが、さらに快適な原因の一つですね。

鷹ノ巣山の避難小屋まで来ると、日陰は少し寒いくらいです。
そんな避難小屋のトイレに入ったら、天井からヒオドシチョウが5頭もぶら下がっていました。
画像

寒いので、気温が上昇するまで寝てるのかな?

無理やり1頭を起こしたら、さっそく羽を広げて太陽を浴びていました。
画像


前回の山頂周辺はガスってましたが、今日は大丈夫。
爽快な展望を楽しめました。
雲の影が山に写っているのって、なんか夏っぽくて良いですよね。
画像


ちょっと道を外れると、こんな草地もあります。
画像


草地に咲くコウリンカ
画像


クガイソウ
画像


マルバタケブキは今が満開状態でした。
画像


今日は山頂からの眺めもばっちりであります。
風が気持ちいいこと・・・。
画像


スポーツ時の定番、アミノバイタル。
画像

これを飲むと確かに筋肉の持ちが違います。
足を攣ってしまった場合でも、飲むと即効で復帰できちゃったりします。
私の場合は、スタンダードタイプを複数飲むのが好み。
アミノバイタルプロタイプより美味しいです。

山頂直下のガレた坂。
画像


そして天上の扇子ライド
画像


今日は夏の平日ってことで、ハイカーはほとんどいないだろうと思っていたら、なぜかお盆中の前回と同じくらいハイカーに会いました。
困ったのは、同じ時間に同じトレイルを下るハイカーが一人いたこと。

一輪車ってスピードは歩きより早いけど、休憩が多いので、トータル所要時間はあんまり歩くのと変わらない。
平均したスピードの歩きと一緒になると、一輪車の休憩時に歩きに抜かされて、走行時には抜いて・・・・ってことを繰り返すことになってしまうのです。

それってきっと迷惑だよね。

ハイカーのほうが、先を歩いていたので、追いついたら休憩・・・・を繰り返していたのだけど、そのうちイージーなトレイルが続くと嫌になって、先に行かせてもらいました。

・・・・で、ここからが大変。
なーんか無愛想なおっさんだったので、抜きつ抜かれつの展開はマズイと思い、ほとんどまともな休憩なしで、走る羽目に・・・・。
おかげで、下りは写真も撮っていない・・・・。

朝の登りは快適でも、昼近くの下りはかなり暑いです。

休憩しないと疲労でバランスを崩すし、なんかイマイチ堪能できませんでした。

疲れた割には、欲求不満・・・・・ハイカーが降りきるのを待って、ゆっくり堪能すればよかったかもね。
まぁ、修行の一つと言うことで、爽快な展望を楽しめたから良しとするかぁ。。。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です♪
ハイカーさん優先なのはしょうがないにしても、なんか悶々となるような状況ですね...
ハイカーさん同士でもペースが揃うとなんかうっとおしいように思います。
相手がキレイな山ガールなら別ですが♪
YAYA
2012/08/23 23:14
そのとーり!!
しかし、真夏の石尾根では10人以上の人と会いましたがみんな♂。(笑)
真夏以外なら女性も多い場所(過去に石尾根で女性に大ウケしたこともあったし・・・)だと思うのですが、さすがに真夏はアルプスあたりに行ってしまうのではないでしょうか。
それと、余談ですが、「キレイな山ガール」について。
なんか年齢を重ねるごとに、若い子はみんな「キレイ」で「カワイク」見えてしまうのですが・・・。
・・・・まぁ、この傾向は、情けないとは思いながらも幸せな傾向だと思ってます。
aoringer
2012/08/24 21:11
4週連続とは、、、山の夏は短いから?毎週ごと草花が入れ替わってるんですね、
go_go_wheels
2012/08/24 22:46
こんばんは。こちらのブログの影響を受けて、KH購入を決心し、また購入に関して先日こちらでお世話になりました者です。
おかげさまで本日おいしい海苔が届きました。結局26インチにしたんですが、結構デカいですね。早速近くの真っ暗になった公園の芝生を走ってきましたがやはり楽しい!でも、こんな不安定な乗り物だったかな?と自分の体の退化に気づかされました。やはり24インチにしといたほうが無難だったかな?と少し後悔。。。
でも頑張って26インチで練習してみます。現段階ではとても山に行ける勇気がありません。こちらのブログを拝見して日に日に山に行きたい度が高まっておりますので、とりあえずヘルメットと足、肘周りのガードを注文しときました。

ひとまずお礼をと思いまして。ありがとうございました。
これからもアップ楽しみにしています。

P.S. いまいちサドルの最適な高さがよくわかりません。自転車で言う膝の余裕と、Muniでいうそれとは少し違うものでしょうか?
takora
2012/08/24 23:12
wheelsさん、さすがに一週間では花の入れ替わりも目立ちませんが、2週間経つと変わってたりします。
生き物も変わります。
この変化を味わうのも山の楽しみの一つなんだよな〜。
飽きませんね。
aoringer
2012/08/25 21:32
takoraさん、ご購入おめでとうございます♪
26インチですか。
色々楽しめそうですね。
ところで、サドルの高さについては、古い記事に記述があります。
http://aorin.at.webry.info/200611/article_5.html
神クリスホルムのコラムにも同じようなことが書いてあります。
http://aorin.at.webry.info/200909/article_5.html
結局、MUNIで山を走る場合は状況によって高さが変わるってこと。
平地の平らなところを乗る場合には、自転車と同じですが、山は低めになります。
どのぐらいの低さが良いかは、自分で探すしかないです。
なお、私の場合は、状況によってMUNIのサドルを上下させることは無いです。まぁ、いつも同じようなところばかり走ってるってことと、面倒くさいってことが大きな要因かな。
もちろん、平地用の26と36は高い位置で固定してます。

サドルの高さも重要ですが、サドルの角度も大事です。
MUNIってサドルが極端に前上がりな場合が多いですよね。
これは、ハンドル(サドルの前の部分)は高い位置に、お尻は低い位置にあったほうが、始終ハンドルを握りっぱなしのMUNIの場合、背中が伸びて扱いやすいからなのです。
片手で前ハンドルを握りながら山を走るには、ちょっと慣れが必要です。(なにげに練習しました。)

まぁ、山走りには色々とクリアすべき課題があり、私も全然クリアーできていないので、飽きずに楽しいのだと思います。
なお、私のブログの右欄メニューで、「一輪車技術系の話」ってところをクリックすると、過去の色々な戯言を探せると思います。
今となって考えると、間違っている場合もあるので、あくまで参考程度にご覧ください。
aoringer
2012/08/25 22:08
ページのご紹介ありがとうございます。早速読ませていただきました。すごく参考になる記事、初心者には特に勉強になります。
クリスホルムの和訳の部分も興味深く、着地時のペダル位置など、今の私には頭の中だけの知識になってしまいますが、へーそんなんだー。と感心しました。いつか役立てることができるよう精進します。
そしてこちらのブログ、古いページもどんどん読ませていただきますね。私には貴重な教則本になりそうです。
takora
2012/08/26 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
また行っちゃいました。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる