一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽浄土for山一輪車

<<   作成日時 : 2012/10/13 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年の今頃、214さんと訪れて、最高に楽しかった丹波天平(たばでんでいろ)。
今年も行きたいってことで、数日前に214さんの土曜日の予定を聞いたら、休みじゃないとのこと・・・・。
・・・・って、言ってたのに、2日経ったら休みになったって〜。(無理やり?/爆)
画像


ということで、一年振りに行ってきました。
昨年もそうでしたが、本日は最高のお天気でしたね♪
つい最近まで、夏の修行をしていたのに、朝7時の丹波山村の気温は10℃を下回っていました。
ちょっと寒いが、山登りには最適。

杉の植林、落葉樹林、カラマツ林とひたすらに九十九折れの急斜面を登って、峠まで2時間の行程。
この九十九折れがなかなか単調で、似たような道が延々と続くため、なんか同じ道を繰り返し登っているような錯覚にとらわれてしまいます。
楽しく登れる道ではないけど、ガンガンと高度を上げることができます。

パっと眼前が開けて、サヲラ峠に到着。
画像

峠はクリのイガだらけで、地面に座ることができません。
ヘルメットを着用しないと、イガが頭上に落ちてくる危険が・・・・。
画像


ここからは、とても山の上とは思えないような、広くてゆるい尾根がずーっと続くのであります。
プロテクターを装着し、柔軟体操をして、いざ天国へ!!

最初はゆるい登りですが、そこを過ぎれば極楽浄土。
清々しいカラマツ林の走りやすいゆるい下り坂。
画像

あんまり広いので、とても山の稜線上とは思えません。天平尾根という名称は言い得て妙。
ついつい「ヘブーーン!!!」っと騒いでしまう私。

これって標高1,000m強の尾根上には見えませんよね。
画像


丹波天平の山頂(と言っても平らな広場)は、サヲラ峠よりも一層クリだらけ。
しかし、実のほうはほとんど無くなっているので、野生動物がみんな食べたのでしょう。
イノシシの仕業ですかね。
そう言えば、登りの途中で、214さんがマルマル肥えたイノシシを目撃してました。
トレイルもイノシシが掘り返した跡がいっぱい。

ベニテングダケ。
画像

いかにも毒キノコって姿だけど、さほど毒は強くなく、毒を抜いて食べることもあるらしい。

丹波天平山頂を過ぎても、まだまだ極楽トレイルは続き、ここが尾根との分岐点。
昨年はちょっと迷ってしまった場所。
画像


広い尾根上はどこでも走れてしまうので、道を外れてテキトーに走ってしまうと、この分岐点を見過ごしてしまうのです。
ここで、尾根道は終わり・・・・十分堪能しました。

やがて、いつも走っているような九十九折れのトレイルになりますが、川苔山の修行道に比べればチョロいもの。
気持ちよく下って、昔の集落跡地へ。

この集落跡地では、おっさん、おばさんの大集団パーティーに遭遇。
狭いトレイル上を塞いで休んでいたので、マナーが悪いな〜っと思ったら、廃屋跡地の敷地に入りきれないで、道まで溢れていたのであった!!

こんな大ギャラリーを前にして、一輪車で走るのは初めて。
緊張しつつも、ちょっとテクニカルな場所を走り抜けて得意だよ〜ん。(笑)

廃屋跡を過ぎると、しばし、乗るのは危険な場所がありますが、その後は一気に終点まで走れてしまいます。
落車による休憩がないので、ブレーキを握る指と、太ももが辛いけど、爽快爽快。

お疲れ様でした〜。
画像


昨年に続き、今年も最高でありました。
2時間がっつり登ったあとの天国ってシチュエーションが一層満足感を高めるのでしょうね。
今まで走ったコースの中では、一番気持ちよく走れるコースです。

ここは、みんなに声かけしてツアーをやらないといけませんね〜。


トラブルメーカー214さんの本日のプチトラブル・・・。
ウンチ踏んだ・・・・。(笑)

走行中も臭かったそう。
画像

河原で一輪車清掃中の図です。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気持ちよさそうな場所ですねぇ〜
私も昨日、久しぶりに輪行して初めての山に走ってきました。
一日中走って堪能できましたが、最後の方で落ち葉に隠れてた小さな切り株にブチ当たってコケた時にちょっと腰痛めちゃいました〜。(動けないほどでなく助かりましたが)
クラ
2012/10/14 08:59
クラさん、やっちまいましたか〜。
落ち葉の下の障害物は一輪車殺しですよね〜。
瞬時に前に飛んで、対応しきれないですもの。
最後の方で痛めたのは不幸中の幸いですかね。最初の方だったら一日がそこで終わりますから・・・・・とは言え、結構ひどい症状なのではないですか?
動けないほどではない・・・ってことは、ギリギリ動けるってことなのでは?
・・・・完治まで長くかからないことを祈ってます。
aoringer
2012/10/14 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
極楽浄土for山一輪車 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる