一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大持山へ出撃

<<   作成日時 : 2012/10/19 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

またまた深夜残業続きの一週間となってしまいました。
頭は霧がかかってる〜。体はどよよ〜ん。おまけに座ってばかりなので腰痛も・・・。
こんなんで山に行っていーのか?

いーんです!!!
画像

普通は休みの日は昼まで寝て、疲れを癒す・・・ってのが定番かもしれませんが、過去の経験から言って、山でジタバタしたほうが、頭も体もスッキリします。
疲れの種類が違うんですよね。

てな訳で、昨日も遅くまで仕事して、布団に入ったのが午前1時・・・・で、目が覚めたのが午前4時・・・・。
遅くまで仕事してると、なんか脳が興奮してて、よく寝られなかったりするんですよね。
・・・・って言うか、山に行くから興奮してたのか?(まんまガキだ・・・51だよ私・・)

起きてしまったら仕方がない。

出発。

本日のターゲットは秩父の大持山。
武甲山の隣にある登山者が多い山です。なので、平日に攻撃。

登山口に到着したのは午前6時頃・・・・まだ、暗いっす。
薄暗い山道を登り始めましたが、やはりしばらくは頭がボーっとしてる感じ。
体も重いし、腰も痛い・・・・。

でも、30分も登るとだんだん元気になってきました。山の魔法ですね。

しかし、太平洋上を通過している台風の影響で、尾根上はかなりの風が吹いており、ゴウゴウと鳴る林の中、静かな山登りを楽しむって感じではありませんでした。
ゆっくり休めるような状況ではなかったため、とっとと山頂へ。

2時間弱で大持山山頂着。標高1294m。
画像

山頂からの展望はイマイチ。でも木立の間から見える朝の山は美しかったです。
画像


ここから小持山って隣の山までの尾根道も興味があったので、ちょっと覗きに行きましたが、こんなプチ岩稜の尾根道で、一輪車は遊べそうにありません。
画像

ただ、歩くにはとても気持ちよさそうな道なので、小持山まで行こうか悩みましたが、一輪車を担いで往復するのもなんかな〜と思って、今回はパス。

山頂は風が強くて寒いので、ちょっと風裏の斜面に降りて、プロテクターを装着しました。
風の冷たさは、手がかじかんでしまうほど・・・・つい先日まで、暑くてヒーヒー言ってたのが嘘のよう。

さあ、一輪車で走るのは初めての大持山です。
コースは妻坂峠を経由して、名栗方面へ降りるトレイル。

最初ちょっと岩稜の尾根道で手こずって、すぐに展望の開けた気持ちの良い場所にでる。
画像
遠くには海も輝いていました。

朝のうちは雲も多かったが、すっかり晴れました。
空が高い。
こんな空を見ると運動会を連想するのは私だけ・・・?
画像


そこからひとしきり下ると、超気持ちの良い尾根道♪
この尾根道は、ずーっと落葉樹林が続いて、本当に気持ちいい・・・・・ハイカーに人気があるのも頷けます。
ご機嫌ライド。
画像

まだ、紅葉にはちょっと早いですが、その頃には登山者も多いんだろうな・・。

こんな気持ちの良い道も一輪車だと、あっという間に走り抜けてしまうのが残念なところです。

極楽トレイルを抜けると、次は山地図で、「急坂」と記してある斜面。
一輪車で走れるのかどうか不安だったのですが、太刀打ち可能でした♪♪
つまりは、「急坂」とあっても、一輪車がグリップしないほどでは無いってことです。
ただ、なかなか、距離がある・・・・だから、「急坂」って特筆してるのでしょうね。

太刀打ち可能と言っても、かなりギリギリの世界。かなり面白い!!!
画像

ブレーキを思いっきり握らねばならない場所が、ずーっと続いて、握力低下が原因で落車するって状況。
スピードを上手に殺して、斜面をいなす感じは、ギリギリ感があって、私的にはすごく楽しい世界です。

急坂を下りきると、妻坂峠。
鎌倉時代の武将、畠山重忠が秩父から鎌倉に行く時には、妻がいつもこの峠まで見送りにきたって伝説から名前が付いたとか。
お地蔵さんとツーショット。
画像


妻坂峠から先は、急に道が狭くなって、山腹を下るいつもの九十九折れトレイル。
根っこや岩がなくて、イージーな九十九折れです。
画像


眼下に見える沢に太陽が反射して眩しい。
地上の太陽。
画像


やがて沢に出ると、石がゴロゴロしてくる。
沢沿いの道の定番ですな。
何やら、台風の大雨があったらしく、沢筋は大きく荒れていました。
ほんの一部ですが、トレイルが飲み込まれている場所も。
画像


あまり斜度のない、石ゴロゴロの道は、一輪車で最も疲れる場面です。
ブレーキを使用せず、とにかくしっかりペダルに力を入れ続けることがコツ・・・・・だから疲れる・・・・。
だから、嫌い〜〜。

嫌い〜〜って嘆くこともつかの間で、車道に出て終了です。

大持山は予想より遥かに面白かったです。
トレイルがバラエティに富んでいて、とっても楽しい。
おかげで仕事の疲れは消し飛びました。・・・・・しかし腰痛は治らなかったな・・・・疲労性の腰痛なんだろうから、一層疲労させただけってことかも。(笑)

大持山はお気に入りに登録で〜す。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウンコは無かった?
214
2012/10/20 18:55
んなもんあるか〜!!
山でウン○を踏んでも、いつも草食系動物で臭くない。
臭いのは、街中を走っている時のものだけだよ。
普通じゃないんだよ。214さんは。(笑)
ところで、この激坂はそそられませんか?
楽しいよ〜〜ぉ。
この日は全く人に会いませんでしたが、土日だと人が多そう・・・・・真冬か真夏が良いかも。
aoringer
2012/10/20 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
大持山へ出撃 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる