一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS お気に入りの御前山へ

<<   作成日時 : 2012/11/15 23:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今週は金曜日休みではなく、木曜日休み。
雲取山から一週間も経っていないが、またまた出撃!
前回は登り4時間コースでしたが、今回は登り3時間コースの御前山。湯久保尾根ピストン。
画像


昨年のクリスマスに、みんなで凍えながら遊んでから約一年ぶりの御前山です。
今日は単独行なので、車を複数使用してのズルができないため、麓から尾根を3時間かけて登るしかありません。

またしても、ジジイは早起きしてしまい、朝3時50分頃に出発。
ボーっと車を走らせていたら、ラジオから「只今から午前3時をお知らせします・・・。」????
え〜〜っ、4時じゃないの?!!! 
1時間間違えたあ!!!
出発は3時50分だと思ってたら、なんと2時50分だったのでした。。。。

結局檜原村には午前4時30分頃に着いてしまった。
明るくなるまであと1時間30分もある。・・・・やれやれ・・・。

仕方なく、払沢の滝駐車場で満天の星空を眺めつつ寝てました。(苦笑)

さて、明るくなって、午前6時に登山スタートです。
雲取山に行った時は思いのほか暖かかったけど、今日は寒い!!
麓の気温は1℃。
民家の屋根は霜で真っ白でした。

太陽が昇り始めたら、林が赤く染まった。
画像


今日も朝日に輝く富士山が良く見えました。
前回よりも麓まで白くなった感じがする。
画像


まるで岩から生えているように見える木。
画像


湯久保尾根は、杉の植林が多いので、登っていても変化が少なく、3時間も歩くとちょっと飽きちゃう。
避難小屋到着は午前10時。
避難小屋には、昨晩宿泊したらしいカップルが1組いらっしゃいました。

麓の気温が1℃なら、当然山の上は氷点下。
霜柱もビシバシ。
画像


今日はガスコンロを持ってきたので、定番の缶コーヒーの直火だき。
このセブンイレブンブランドの缶コーヒーは最近のお気に入りです。美味しいです。
画像

またしても天気は最高。
避難小屋からカラマツ越しに見る空は、今日もaoringerの青なのだ!
画像


避難小屋で一服したら、一輪車遊びスタート〜!!

スタートしてすぐの道端にこんなものがたくさん・・・。
画像


キノコかカビか・・・実は氷です。
植物の根から吸い上がった水分が枯れた茎に登って行って、凍って霜柱状になったもの。
植物の名前もそのまんま「シモバシラ」・・・・・・・と思っていたのですが、実はこれは間違いでした。

奥多摩にはシモバシラはあまり多くないとのことだったので、本日確認いたしましたら、やっぱりシモバシラではなく「カメバヒキオコシ」って植物でした。
でも、氷の柱ができるのはシモバシラと同じです。
画像
なんか私的には飴のように見える。
千歳飴。

まだ、完全に枯れていないカメバヒキオコシ。
画像


隣に大岳山の特徴的な姿が見えます。
画像


トレイル最初は基本的に根っこ混じりで、私的には難易度がちょうど良いです。
微妙に「怖い」と感じながら走れる・・・・これが一番楽しいんだな。
スタート時点では寒い〜っと思って、アウターを着込んでいたのに、一輪車で遊びだしたら、あっという間に暑くなってしまって、結局スタイルはショーツに半袖ジャージになっちゃった。(笑)
一輪車に乗れば、氷点下でも半袖だ。

冬の山の中で、時々見かける真っ赤な実。ちょっとグロいけど、よく目立つ。
マムシグサの仲間の実です。
画像

実だけだと種類の特定は難しいみたい。

場所によってはスリッピーな斜面も。
スリップしてこけた跡。(笑)
画像


同様にマウンテンバイクのスリップ痕もいくつか見かけました。
つい最近、だれかが走ったようです。

トレイルは緩かったり、急だったり、九十九折れだったりと、色々と変化に富んでいて楽しめます。
ロケーション的にはイマイチなのですが、走ることに関しては楽しい。
画像
画像
画像
画像



トレイルの中盤あたりに、落葉樹林の道があり、ここが本コースで一番気持ちのよい場面。
画像

走りやすい落ち葉の緩斜面です。
画像


カエデの紅葉はまだ。
赤く色づいているのは少なくて、緑や黄色が多い。
画像


御前山のリンドウはツボミの状態。
画像

太陽は当たっているけど、気温が低いので温まるまで時間がかかるのかな。
たぶん、このあと1〜2時間ぐらいで咲くと思う。

本コース一番の危険箇所。
乗ってはいけません。(歩きなら何の問題もないです)
画像

昨年から警視庁の立ち入り禁止テープが張ってあります。事故でもあったのでしょうか。

ここから先の後半戦は、やや斜度がきつくなり、脚への負担が増える。
前回、皆で走った時は、ブレーキが壊れてしまったのでキツかったけど、ブレーキがあれば、なんとかしのげます。(でも売り切れ寸前/笑)
気のせいかもしれませんが、トレイルは前回よりも若干荒れているように感じました。
ちょっとまとまった雨が降って、川になったような形跡が・・・。一年前の記憶なので、あてになりませんけど・・。

かくして、本日も標高差約1,000mのトレイルライドを好天の下でたっぷり堪能することができました。
何人ものハイカーとすれ違った雲取山とは異なり、避難小屋でカップルに会ったほかは、誰とも出会わず、カップルは違うルートに行ってしまったので、長大で静かな湯久保尾根を独り占め

最高の贅沢〜。

毎週行っても一輪車の山走りは飽きませぬ。
ただ、ちょっと筋肉疲労が・・・・。(笑)



にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カップルにとってはさぞや迷惑な存在だったでしょうに!
それにしても2時50分起床って・・・
避難小屋10時到着って・・
聖地を9時半には下山完了してる私が言うのもなんですが。
214
2012/11/17 12:40
「避難小屋に宿泊のカップル」。なんかミョ〜に、かなりミョ〜にスト〜リ〜を妄想してしまう・・・。いかんいかん。ぼんの〜、ぼんの〜。「カメバヒキオコシ」は誰かが荷づくり用ビニールひもを巻きつけたのかと・・・。
Cokeruuolf
2012/11/17 12:55
214さん、カップルは私が到着した時には、すっかり身支度を整えて、まもなく出発のところでありました。
やっぱり迷惑だった?
でも、前の晩は誰もいない夜の山中を二人で過ごせたんだから、まぁいいじゃないですか。
・・・・遠い昔は、私もそんなことをしてましたねぇ。
その挙句が山で一輪車!ってことですよ。(笑)

cokeruさん!
おっさん達はみんなソコに反応してしまって、しょ〜も無いですな。
山登りが好きな健全な男女ですぅ!
避妊小屋・・もとい避難小屋は妄想の対象にする場所ではございません!!

・・・・って、こんな所で話題にしているほうが迷惑だよな。。
aoringer
2012/11/17 22:01
 そ、そうだね、きっとギターを弾いて、歌を歌ってたのさ。m(__)m
Cokeruuolf
2012/11/18 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
お気に入りの御前山へ 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる