一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS もっぺん武甲山

<<   作成日時 : 2012/12/15 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前々回に行った時、天候悪しく周囲はガスって真っ白だった武甲山。
せっかくの尾根歩きも、楽しさ半減って感じでした。
これはぜったいもう一度行かなくては・・・・って思う間もなくまた行っちゃいました。(笑)
画像


ちょっと遅れた記事になってしまいましたが、行ったのは先日の木曜日であります。
丸山でのかさぶたもそのままに、武甲山御嶽神社一の鳥居駐車場に到着したのは、午前6時45分。(ほんとジジイは早起きだ)
またしても、駐車場一番乗り〜。

・・・となると、本日の武甲山登山は私が初。
誰もいない山道を登るのは気持ちイイです。
中間地点にある大杉を見上げる。枯れ枝が凄い。周囲を普通の杉に囲まれて、杉林の親分って風格です。
画像


静かな杉林の中で、時々アカゲラが木を叩く音がコツコツと・・・。
一層静けさを感じさせる音です。
しかし、杉の木って餌が少なそうに思えるんだけど、何食べてんのかなぁ。

武甲山の登山道(参道)には、丁目石ってのがある。
画像

1丁目から始まって、最後は52丁目で終了。
これが神社前に立つ52丁目石です。
画像

100mぐらいの短い間隔で立っているので、どんどん数字が上がっていくのがちょっと楽しいです。
山頂までの距離が明確に分かって安心です。

じゃーん、これぞ武甲山からの大展望でございます。
画像

前回は霧で目の前真っ白でしたが、本日は快晴!
ただ、ちょっと北風が強くて寒い・・・・気温はマイナス5℃ぐらいだけど、体感温度はもっと低い。
画像


秩父の町並みがまるで河原の砂利のようです。
画像


展望台直下には、石灰岩の採掘場が白い巨大なテラスになっています。
そのはるか下には三菱マテリアルのセメント工場が見える。
画像


そして、我が聖地、堂平山と笠山も見える。
山頂にちょこっと白く光る天文ドームが見えるのが、堂平山。
画像

武甲山山頂からだと、すっかり見下ろす感じです。
お山の格が違うんだよ・・・って武甲山の声が聞こえる・・・。ちくしょ〜。

寒いので早々に展望台を退散し、ガスコンロで温めた缶コーヒーで一息ついたら、一輪車♪

これから行く小持山、大持山が眼前に良く見える。(前回は何も見えなかった)
画像

武甲山から小持山に向かうには、シラジクボって窪地まで、一気に下るのでありますが、この下りが前回面白かった場所。
妙に狭い、基本的に急なシングルトラックがうねうねしていて、走れても、失敗しても、何か楽しくて笑っちゃうのであります。
画像
画像
画像


シラジクボを過ぎて、小持山の登りに取り付き、振り返れば武甲山の南斜面がドドーンと。
すっかり切り崩されて、もはや昔の手付かずの姿を想像もできない北側斜面とはまったく違った自然な風景(半分植林だけど)。
同じ武甲山とは思えませんねぇ。
画像

・・・・この武甲山の姿も見たかったのです。
真ん中をまっすぐ下るトレイルが、降りてきた面白シングルトラックです。

小持山への登りはかなり急で、木につかまりながら登るような場所もあります。一輪車の場合は逆ルートは厳しそう。

小持山から大持山までの箱庭的な痩せ尾根も、展望良好。
画像

低い太陽のおかげで、斜面のコントラストが強くて山の姿が美しいです。
画像

すこぶる爽快・・・・と言いたいところですが、相変わらずちょっと風が冷たかった・・・。

チリンチリンと熊よけの鈴の音が聞こえてきて、ハイカーさんの接近が分かる。
ほとんどのハイカーさんが鈴をつけているので、存在が早くから分かって有難いです。
かく言う私はつけてません。
・・・・だって熊が逃げるじゃん。(笑)

未だかつて、秩父奥多摩では熊を見たことがありません。
出会い頭的な遭遇はやばいので、見通しの悪いところでは、声を出したりして気をつけますが、そうでなければ鈴の音はうるさいので嫌です・・・&・・・熊見たいし。(笑)

この日はこの尾根筋で数人のハイカーさんと会いました。
そのうち一人には写真を撮っていただいた。・・・・どっかで小さな話題になってるかも?
・・・・って言うか、その方、芦ケ久保から歩いてきたそうで、たいした健脚でございます。

大持山からの下りは、前半こーんな極楽なトレイル。
画像

・・・・・と思いきや、実は極楽じゃなかった。

冬の風物詩、霜柱トラップがぁぁぁ!!!

トレイルが全体的に霜柱で持ち上がっているので、見た目では分からないのですよ。
しっかりした霜柱なら、そのまま何事もなく走ってしまうのですが、ところどころ強度の低い場所があり、突然ズコってタイヤが沈む→即前倒。

極楽トレイルが一転して、この日はもっとも劣悪なトレイルになっておりました。

一方、前回湿ってスリッピーな状況で、尻を打った急斜面は、ザレた砂礫がカチカチに凍っており、すこぶるグリップが良かったです。
昨日の地獄は今日の天国・・・・自然相手の遊びはこれだから面白い。

・・・・なのに、なんと指が売り切れちまった・・・。
ブレーキを握るのが辛い辛い。
指の疲労のために、グリップ良好で楽しい急斜面を休み休み下る羽目になってしまいました。

ちょっとブレーキの効きが悪いので要調整・・・とは思いつつ、そのまま来ちゃったからな〜。
それとも、連続して山に行き過ぎ?(笑)

かくして、予定どおり武甲山周回コースの展望を味わうことができました。
画像

一の鳥居駐車場に戻ると、私を含めて駐車は10台・・・・平日でも10台とは、やっぱり人気の山なんですねぇ。

丸山の疲労が残っていたのか、この日は珍しく帰宅してからずーっと寝ちゃいました〜。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
霜柱はなんかいやですよね。
我が家の近くでも霜柱が立つようになりました...
あと なんか最近 週末になると雨がふるようでこまります。今週末も雨みたい。
YAYA
2012/12/17 20:14
そろそろ平地が雨なら山は雪って感じになりますね。
今度の日曜日は大丈夫かなぁ。
今年の走り納めの予定なのだが・・・・。
aoringer
2012/12/17 21:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
もっぺん武甲山 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる