一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖地走り初め

<<   作成日時 : 2013/01/04 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年末に聖地の走り納めをしてまいりましたが、本日は走り初め。
我ながら、よく行くよな〜。(笑)
聖地は214さんも大晦日に走ったようで、この出撃度からすると、堂平山〜笠山ルートはMTBよりも一輪車のほうが走ってんじゃね?
画像

日本でこんなにマウンテンユニが走っている山は無いのでは?まさしく聖地と呼ぶにふさわしい。
もう少し巡礼者が増えると楽しいんだけどな。

今日は北風が強くて、気温も低く、かなり寒い状況でした。
動画を撮ろうとしたら、寒すぎて途中でバッテリーがダウンしちゃった。

登ってる途中は指先がしもやけになりそうな北風だったのに、なぜか堂平山の山頂には風がない。
360度開けた山頂であるのに、北風が当たらない。どんなマジックなんでしょうね。

展望良好、両神山が屏風のように目立っている。
その後ろにチラチラ見える雪山は八ヶ岳です。
画像


そのうち聖地の詳細マップでも作ろうかな。
四季折々に見られる花とかも大分データが溜まったし、トレイル&自然ガイドマップができそう。
もちろん一輪車視線ね。

登りの途中も見所が幾つかありますが、山頂からの下りのトレイルを言葉で表すとこんな感じ。

山頂→パラグライダー滑走路(滑走路端展望良)→ザレた急坂(難易度高・一気に降りるのはかなり困難)→イージーな短い下り→根っこだらけの斜面(さほど斜度はない)→七重峠→笠山への急登(ザレた岩がらみの急斜面、一輪車で下る場合は難易度最強、走り抜けることは不可能に近いが、最近は部分部分で修行いている)
画像
→急斜面の連続タイトターン(難易度中高)→林道通過→斜度のない狭い道→小沢→植林内の道(基本的に気持ちよく走れる中斜面で、爽快感を味わえる区間。しかし、ところどころ石がゴロゴロしていて難しい場所がある)→植林出口(石ゴロゴロのタイトターンの最後に岩の難所あり、濡れていると特に怖い)→2度目の林道通過→狭いV字の岩トレイル(悪質だが、頑張れば走れる・難易度高)→お社→荒れた緩斜面→小沢(終点)

とまぁこんな感じ。
距離は長くないけど、バラエティに富んでいて、手を抜ける場面がほとんど無いため、短時間なのにかなりヒーヒーしちゃう。
私だけでなく214さんも相当リピートしてるので、やっぱり面白いコースなんですね。
できる、できないの瀬戸際的な場面が多くあるので、何度も通ってしまうのです。


話は変わりますが、年末にまたコンデジを新調いたしました。
マニュアル撮影が可能で、コンデジ最強のF1.8の明るいレンズで画質も良く、お気に入りのNIKON P300の後継機種 P310です。
P300の時は全然値段が下がらなくて参りましたが、P310は約一年後には相応に値落ちして、購入価格は16,000円でした。

画像
上がP310、下が初号機。
見た目はほとんど同じですが、P310はボディ表面がザラザラしていて滑りにくくなっている。
画素数が12から16Mにアップしたり、一層マニュアル撮影がやりやすくなっていたりしますが、私にとって一番大きなポイントは、マニュアルフォーカスが可能になったこと!!

接写で細い枝にピントを合わせたりするのって、すごく大変だったのです。これで苦労しないです。

ほぼすべてをマニュアル操作できて、16,000円は安いですね〜。

でも、まぁ、大抵はプログラムオートで撮影してますけどね。(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖地走り初め 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる