一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァージンスノートレイル

<<   作成日時 : 2013/01/25 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

前回の積雪偵察により、しばらく標高の高い山は雪が残るものと推察されました。
ときがわ町あたりの低山には雪が無いのも確認いたしましたので、本日もときがわ町へ出撃!!
ブナ峠〜新柵山のコース。
画像


登山としてはあまり魅力の無い道。
オートバイとかMTBでの利用者が多いみたい。

以前走った時も、単調で荒れ気味の道はいまいち良い印象ではなかったのだけど、奥の方の山が雪だらけでは仕方ない。

新柵山には雪は皆無でありましたが、その先ブナ峠までの尾根は、登るに従って、またまた雪が出てきました。
標高600mぐらいになると、30センチぐらい積もってる。
お地蔵さんも雪の中。
画像


ブナ峠への登り道は、後半尾根の稜線を右隣に見ての車道歩きとなるのですが、だんだんと雪が深くなるし、つまんない車道だし、途中で登るのがかったるくなってしまった・・・。

それと、右側の稜線上が真っ白で、一輪車で突入したい気持ちがモリモリ。(笑)

道なき雪の斜面を這い登り、稜線上に出れば、踏み跡の無いヴァージンスノーだ〜♪
画像

雪の無い時に稜線上を歩く人もいるのですが、基本的に少ないです。
積雪後は誰も歩いていないみたい。
点々とある踏み跡は野生動物のもの。
画像


積雪は一輪車のタイヤが半分埋まるぐらい。
斜面が緩いと雪の抵抗で走れない。
かと言って、急斜面だとズルズルと滑って落っこちる・・・。

前回の圧雪された雪道とは異質の世界です。
緩くも、急でもないちょうどいい傾斜のところしか走れない・・・・けど、走れるところはかなり面白い!

なんといっても、転んでも痛くない、汚れないってところが果敢に遊べてしまう理由。
走行中も微妙にスリップしてる感じが、なんか絶妙な面白さ。
タイヤを左右に振ると必ず滑るので、極力振れないよう、まっすぐ走るのがコツみたいでした。

この踏み跡は人ではなく、鹿の踏み跡です。
画像

稜線上には鹿と一輪車の踏み跡だけ・・・・野生動物になったみたいでうれしいぞ。

雪遊びを終えて降りきったところには大きな杉の木があります。
枝が斜面下まで垂れ下がっているのが特徴的な御神木であります。
盆栽的には、半懸崖ってスタイル?(笑)
画像


その傍らにはお稲荷さん。

で、そのまた傍らにはバス停・・・・・!?

え〜っ?なんでこんなところにバス停が?
・・・・・表示を見たら「山猫電鉄」って書いてある。
画像

猫バスのバス停だった〜!
時刻表は、夜9時〜朝4時までだって・・・・・面白〜い。

しかし、改めて観察すると、大木があって、稲荷があって、まさしくトトロに出てきたバス停の情景に似ている。
ここでトトロがジャンプして、御神木からザーって雫が落ちて、二カーって笑う光景が浮かびます。
画像


でもね、まじで、夜にここにいたら、何か出そうですよ。
出ない方が不思議な感じ。
ぜひ、夜にこのバス停でバスを待ってみたいぞ。

なぜか、学校机と椅子も置いてあった。
ここはお化けの学校でもあるのかな。
画像


ここから新柵山経由の尾根道には雪はありません。
木漏れ日の中、快適なトレイルです。

尾根上の小ピークは、オートバイがたくさん登ったと見えて、残念な光景になってました。
傾斜が緩ければ問題無いのですが、急な斜面では、エンジンパワーでガンガン斜面を削ってしまうのでしょうね。
画像

オートバイで山を走ることが悪いことだとは思いませんが、人間一人がもたらす影響にしてはかなり大きいので、そのへんの配慮は難しそうですね。
なんでもそうだけど、度が過ぎると問題になるからな〜。

なお、山一輪車は未来永劫、度が過ぎる存在にはならないでしょう・・・。(笑)

一旦登り返して到着した新柵山の山頂は、単なる尾根上の一点って感じ。
画像

僅かに見通せる北西の方向には、聖地堂平山が見えます。
ここから見る聖地は、なかなか立派で素晴らしいです。

デジカメの画像を拡大して見ると、聖地の山頂には雪があります。
画像

こちらから見える南斜面には雪はありませんが、北側の斜面にはかなり雪があるんじゃないかな〜。

新柵山からの下りは、基本的に難しくないです。
修行となる場所はあまりありません。
画像

一番難しいのは、オートバイ等でV字に掘れた場所かな・・・・一輪車殺しのV字トレイル・・・結構修行かも・・・。
画像


下の方に降りてくると、杉林の下はシダに覆われています。
緑少ない季節になかなか美しい光景です。
前回行った黒山三滝の周辺もこんな感じで、このあたりの山裾の特徴なのかな。
画像


かくして本日の出撃も無事帰還。
以前訪れた時には、あんまり良いイメージではなかったのだけど、今日は結構楽しかったです。
やっぱり雪のおかげで変化が楽しめたからかな。

麓から山頂まで雪って状況では登るのも走るのも辛いでしょうが、半分雪で、半分乾いたトレイルってパターンは美味しいかも。
行ってみないと分からないってところが難しいなぁ・・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
雪道本当に楽しそうですね〜。でも、タイヤがそんだけ埋まるとブレーキが効かなくて大変すよね。(そうでもないですか?)
私も雪道用にディスク化して効果を試したいと思ってますわ。(たぶん来年)

# 猫バス停、おもしろいですね。うちの娘も喜びそうです。
クラ
2013/01/26 07:52
二回目のコメントです。
雪!素敵ですね。
やっと一輪車に乗れるようになり僕も雪の中をたまに走っています。
と言ってもタイヤが埋まるほどの豪雪地帯なので走る前の雪かきが大変ですが。
ディスクの様子を見ていますが・・・雪に相性ばっちりです。
いつか皆さんと走りたいですね。

コメネギ
2013/01/26 08:45
クラさん、もちろんブレーキは全く効きません。なんたって、シューとリムの間に雪が入るんですもの。(笑)でも、実は今回のように雪に埋もれてしまう状況ではブレーキ不要なのでした。
つまり、雪の抵抗がブレーキになってしまうのです。
だから、緩い斜面では走れない。急なところでは滑り落ちるって、何やってんだか分からない楽しい状況でしたよ。

コメネギさん、なんと豪雪地帯にお住まいなのですね。
冬は思うように一輪車で走れませんね。
でも、スキー場とかが近くにありそうで羨ましいな〜。
圧雪されたゲレンデなら楽しく一輪車で走れると思いますよ・・・・・ぜったい怒られるだろうけど。(笑)
ぜひ、いつか一緒に走りましょう!
aoringer
2013/01/26 20:31
聖地は雪だらけでした。
分かっちゃいたんだけどねー
行ってきちゃった。結構、楽しめました。
214
2013/01/27 17:23
我慢できなくなって行くんじゃないかと思ってましたよ〜。(笑)
やっぱりいつもの北斜面は雪だらけでしたか。
でも楽しめたのなら何よりですね。
この分だとまだしばらくは雪が残りそう・・・・早く1,000m以上の山に行きたいよぅ。
aoringer
2013/01/27 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァージンスノートレイル 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる