一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も今日とて出撃だい。

<<   作成日時 : 2013/02/23 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まだ山の雪は融けてないだろうと踏みまして、ターゲットは標高600mぐらいまでとし、どこへ行こうか昨晩地図と睨めっこ。
で、名栗の「仁田山峠〜竹寺〜豆口峠〜子ノ権現」ってルートを選択しました。
標高は600m以下で、基本南向きの斜面だし、まず雪の心配はありません。
画像

名栗と言えば棒ノ折山、蕨山で、県道を挟んで反対側の低山地帯は初めてです。
仁田山峠までは林道を車で。
林道は桜がたくさん植栽されてて、桜の季節はすばらしいものと思われました。
峠には数台駐車可能なスペースあり。
画像


このルートはかなり歩かれていて、一輪車遊びにはイージーで物足りないトレイルかと想像しておりましたが、さにあらず、登り始めたら、けっこうワイルド。
あまり歩かれていないルートのようでした。
下りが楽しみ♪って感じ。

登山用の道標はぜんぜん無く、その代わりに送電線の鉄塔を示す道標がたくさん立ってた。
後で分かりましたが、このルートは送電線に沿って付けられており、鉄塔を拾いながらの道。
高圧線が微妙にブーンと唸っていて、ちょっとキモイ。

ひとしきり登ると展望が開け、周囲の山を確認できました。
・・・・・やっぱり北側の斜面は雪がタップリありますね〜。
画像

棒ノ折山や、長沢背稜等、奥多摩の山々は真っ白でした。

麓の小学校の校庭で、子供達が走っているのが見える。
画像

送電線はここでお別れ、ずーっと向こうの山に鉄塔が続いております。
画像


稜線上に出ると、アップダウンを繰り返す尾根道になりました。
下りの場面では一輪車に搭乗です。
しかし、いつも往路ではプロテクターを着けていないので、ちょっとビビって攻めきれない・・・。
もどかしいので、途中からプロテクターを装着しました。

1時間ほどで、竹寺に到着。
このお寺は茅葺き屋根で風情があります。
画像
画像
画像

実は明治の神仏分離をまぬがれた、現存する珍しい神仏集合のお寺なのだとか。

もともと、山岳信仰とか修験道とかは神仏集合が普通。
日本人の信仰は八百万の神で、特にお山は神の領域です。
そこに仏教を押し付けようとしても無理でしょう。

日本の神道は、曖昧なおおらかさがあるので、他の宗教も受け入れちゃって、仏教と混ざってもストレスにならないみたい。
だいたい、現代でも通常の場合、死ねば仏、生まれればお宮参りってワケ分からんことを普通にやってて、別に違和感を感じない・・・・。神仏集合は全然悪くないと思いますがね。

竹寺の名前どおり、竹の鳥居が並んでる・・・・寺に鳥居?・・・素晴らしい。
画像

お寺だけど、神社っぽい。
画像
画像

周囲には、お地蔵さんがあって、稲荷もあって・・・・なんでもアリな感じが素敵ですね〜。

竹寺のロウバイはまだツボミ。
画像


でも、南向きの斜面にはスミレが咲いていた。
今春、山の花の開花は初めてです。
画像


しばし竹寺見物を楽しんでから子ノ権現へ。
竹寺から先は、歩く人が多いと見えて、トレイルはしっかりとしており、道標がキチンと整備されておりました。
ゆるいアップダウンの繰り返しが基本ですが、いきなり、こんな根っこだらけの急斜面も!
画像

帰路が楽しみなワクワク斜面であります。

豆口峠に立っていた解説。
画像

面白い風習ですね。

そして子ノ権現に到着。
色々見物してたから、子ノ権現まで3時間近くかかってしまった。
こちらは、竹寺と違っていまいち風情がない。私的には好きでは無いな。
画像

足腰の神様ってことで、でっかい草鞋も。
画像


子ノ権現下の斜面にワケのわからんオブジェがあった。
画像

仏様の手かしらん。
仏様の手のひらの上で一輪車に乗ってるってこと?・・・・いやいや私は山の神の元で一輪車に乗ってるのです!

子ノ権現からは奥武蔵の山々がよく見えました。
画像

南側の斜面には雪はありませんね。
聖地方面も南側なら雪は無い様子。

さて、子ノ権現で折り返して、復路であります。
と言っても、いつもみたいに、ここからバーっとダウンヒルが始まるわけではありません。
アップダウンを繰り返す道。
つまり、往路、復路を合わせて、すべてのトレイルを一輪車で制覇!ってことになります。
画像


斜度の無い平らなところの漕ぎが多いので、案外疲れるパターン。
でも、ちょこちょこと楽しめる下りもあります。
お楽しみの根っこの急斜面で遊ぶの図。
画像
画像
画像


足つきしながらも完全制覇♪

復路は山腹にある竹寺を回らず、尾根上を直進。
尾根のピークに竹寺の鐘撞堂がありました。
画像

試しに一発撞いてみたら・・・・・深いい音・・・・。山中に響きわたりました。

途中にあったパラボラ。
何かと思ったらテレビ埼玉の電波を受信して、チャンネル変換してるのだそうな。
画像

人知れず、こっそり立っているけど、パラボラが向いている方を見ると、しっかり山を分けてさいたま市方面が望める位置にありました。

北向きの斜面には、少しだけ雪が残っていました。
画像

これが融けては凍りを繰り返した雪なので、ツルツル。
登るのも下るのも恐る恐る。
踏み跡をよく見ると、人の足跡より、鹿の足跡のほうが多いみたい。(笑)

鹿の毛が落ちてた。
これって毛鉤の材料になりそうだな。
画像


最後に仁田山峠へ下る、まとまったテクニカル斜面があります。
楽しみにしていた下り。
画像

案の定楽しめました。
終わり良ければすべて良しって感じで、このルートは私の中では好印象のトレイルとなりました。
標高は高くないけど、アップダウンがあって、漕ぎが必要な場面も多く、案外疲れたので満足感もあります。

☆4つって感じかな。
おそらくリピートすると思いま〜す。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろ考えていたら面倒臭くなったので、
ペダルとヘルメットと車をまとめて買い換えてみました。
でもまだペダル以外は手元に来てないのだ!
214
2013/02/23 18:13
ペダルとヘルメットと「車」!・・・まとめ方に無理がありますね。(笑)
大根と鍋と「家」みたいな・・・。
とにもかくにも戦闘準備は整った!ってところでしょうか。よかったよかった。
wheelsさんも車を購入したみたいだし、ブーム?
新しい車は何かな〜。もちろんタイヤは4つなんでしょうね?
aoringer
2013/02/23 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も今日とて出撃だい。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる