一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 天祖山はワイルドであった。。。

<<   作成日時 : 2013/04/20 22:55   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日の金曜日、行ったことのない山の偵察をしてまいりました。
以前からちょっと気になっていた、奥多摩の天祖山(1723m)です。
C・Dカップサイズ。(笑)
画像


ネットで下調べをすると、ちょっとワイルドっぽくて走れない場面が多いような気がしましたが、行ってみなきゃ分からない・・・・なぜなら一輪車で走った人がいないから。(もし間違いなら教えてほしい!)

登山口はいきなりの急斜面。
急斜面にべったりと九十九折の道が張り付いておりました。
画像

延々と、スイッチバックを繰り返しながら、急な斜面を登る感じ。ようは全国的にも有名な奥多摩のV字谷の壁面を登ってるわけですな。
ザレた斜面で木も少ないため、道を踏み外して落っこちたら死んじゃうかも・・・。

ガンガンと高度を上げて尾根上に出ると、危険度は低くなりましたが、相変わらずの登り。
途中にあったロボット雨量計。
画像

おしっこかけたくなるのは私だけだろうか?(笑)

ミツバツツジがポツリポツリと咲いてます。
画像


ロボット雨量計からすぐのところにある大日神社。
奥多摩、秩父で多数見られる社同様、ここもボロボロです。神様はお立ち寄りにならないでしょう。
画像


約1時間半ほど、ひたすら登って、ちょっと平らな道になったと思う間もなく、再び登り。
だんだん岩が多くなる。
ここを一輪車で下れるのか。
画像


これ、絶対無理でしょう。
画像


岩場に唐突にヒメツチハンミョウが転がってた。
寒くて動きが鈍いがちゃんと生きてました。
画像


山頂近くの花はトレイル沿いにスミレがポツポツ微妙に咲いているぐらいでしたが、ヨゴレネコノメも微妙に咲いていました。
画像


山頂の肩にある会所。
画像

この一帯は広々していて気持ちいいです。
画像

標高1700mの木々はまだ冬の装いであります。芽吹いておりません。

ここが山頂。
2時間40分ほどかかりました。
画像

山頂の天祖山神社。この神社はちゃんと手入れがされているようです。
画像


さて、ここからは、一輪車で登ってきた道を下ります。
ほぼ1,000mのダウンヒルですが、乗れない場所も多そうだな〜。

山頂からしばらくは、なかなか楽しいトレイルです。
傾斜はやや急・・・・でも、おおむねグリップする状況。
画像

登りの時は曇っていたけど、下り始めたら晴れてきて気持ちも高揚。
こんな斜面が長く続いて欲しいのだが・・・・。
画像


カラマツは新芽がすこーし出てきた感じ。
ほんのり緑色してます。
画像


途中、岩場で乗れない場所も多々ありましたが、攻略できそうな場所では修行になりました。
ワイルドトレイルは、自分の実力を確認できます。
本日確認したところでは、・・・まぁ悪くないです。(ポジティブなB型です)
画像
画像


このトレイルの良いところは、すべて落葉樹林帯だってこと。
爽やかで気持ちが良いのですが、今の季節でも落ち葉がスゴイ。
画像

歩きだと落ち葉で滑る。
一輪車に乗ってたほうが滑らないんだよね。なんで?

標高が下がるに従い、木々が芽吹いてきます。
数十分で冬から春に変化するのはまるでタイムマシンのよう。
画像


1,000mの標高差を下る時には、タイヤの空気圧を調整したほうが走りやすいと思う。
山頂でちょうど良い空気圧だと、下界ではへニャへニャに感じる。
画像

空気圧は低いほうが衝撃吸収力が大きくて良いと思ってましたけど、最近そうでもないことが分かってきました。
コントロール性が悪くなるし、石や根っこの衝撃を吸収しすぎるのも余り良くないみたい。
却って、ポンと弾んでしまったほうが、つまづきにくかったりします。
つまり、適正空気圧は高からず低からず、案外狭い範囲ってことです。

ゴール近くになると、一層新緑が鮮やかです。
画像

ひときわ明るい緑がかった黄色の木はイタヤカエデ。
画像


最後は急斜面の九十九折。
走れないことはないトレイルですけど、もしミスって道から落ちたら命にかかわる斜面。
写真ではよく分かりませんが、崖です。。。
画像

自重しました・・・・。

そんなわけで最後は歩きになってしまったため、なんか印象がよくありませんね。
トータルで乗車率60〜70%ぐらいのトレイルでした。
一輪車トレイルとしては☆☆ってところかな〜。

日原の新緑は今が旬ですね〜。点々と咲く山桜が素敵です。
画像


***********************************:

で、その帰り。
実は、奥多摩で家具工房をやってるエミケンさんって方からブログにコメントをいただきまして、お邪魔してきました。
今まで幾度となく通っている青梅街道沿いにあるのに、全然意識していませんでした。
画像

ショールームは広々。一輪車のダンスができる。
窓の外は多摩川で、温泉旅館から見る景色みたいで素晴らしい。(なにげにXLが)
画像


なんでもエミケンさんは、急遽一輪車に乗りたくなってしまった(乗ったことない)とのことで、しかも絶対山を走りたいそう。
色々情報が欲しいとのことでした。

お会いして話を聞くと、脱サラして横浜から奥多摩に移住したとのことで、聞くまでもなく山好きな方。
私は常々、マウンテンユニに夢中になれる人は山好きが条件だな・・・って思っているので、これはいずれ戦友となる可能性大♪
画像


自然相手のマイナースポーツが好き。(カヌーがマイナーだった頃に始めて、今はインストラクター)
マイナーといえば、マウンテンユニほどマイナーな自然相手のスポーツはないよね。
ツボらしいです。(笑)

年齢は私が初めて一輪車に乗った時と一緒なので、ほぼ同時スタートってことになります。
でも、フィールドの中に住んでいるので、ガンガン上達しちゃうでしょうね。
家具工房がいずれ、マウンテンユニの基地になったらスゴイかも。(利用者5人ぐらい/笑)

なんだかんだと長時間お邪魔してしまいました。
コーヒー&ケーキまでご馳走になっちゃった。ありがとうございました。
これからも、山の帰りにお邪魔にならない程度に寄らせていただきま〜す。

ここです↓

http://www.emiken.com/


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
噂の家具工房はやはりそちらでしたか!
何げにXL(欲しい!)置いてあったりして
良い雰囲気ですね。是非お邪魔したいです。
36インチはなかなか手強いです。
皆さん、足が長いのね・・・・(身長もだけど)

214
2013/04/21 07:45
でも、マイナー位でちょうど良いかなと
思ったりもします。ロードみたいになると
機材自慢が多くなるし、もっともユニだと
機材も必要最小限だけど。

画像はXL250Sかな? 23インチでしたよね。
サイドカバー小さいから、初期モデルかなと。
あこがれた1台でしたね。 結局は買えずに
ボロのトラ車を買い、今に繋がってます。。
馬笑
2013/04/21 10:30
214さん、エミケンさんが実際に山一輪車にはまっていただいて、一緒に山一輪車の話をできるようになったら最高ですね。
そうなると行き帰りの道端なんで、素通りしづらくなりそうな・・・。(笑)

馬笑さん、私的にはどこをどう転んでもメジャーにならない自信があります。(笑)
その心配はまったく無いでしょう。
現在はマイナーな中でも、さらにマイナーな存在なんで、どっちかつーと絶滅しないことをひたすら念ずるのみでありますよ。(笑)
aoringer
2013/04/21 21:22
aoringerさん
先日は遠いところわざわざお越しいただきありがとうございました。もう完全に信者になりました^^
まずは乗れるようになるところからですが、精進します。
昨日は小学校で練習していたら、運動神経抜群の副校長に指導されました。「年齢と同じ時間かかるよ」だそうです。40時間かぁ。頑張ります!
エミケン
2013/04/23 16:11
214さん
馬笑さん
はじめまして。完全に初心者ですがどうぞよろしくお願いします。是非エミケンを奥多摩のベース基地にしてください。ゆくゆくはマウンテン・ユニサイクルの発信基地にできたらいなぁ、なんてかなり妄想を膨らませております。
あ、まさしくXL250Sです。23インチです。初期型です。全然乗ってないのでありえないくらいキレイです!
エミケン
2013/04/23 16:16
エミケンさん、先日はどうもありがとうございました。
山一輪車の話をする機会は多くないので、嬉しくて長居をしてしまいました。
副校長先生は40時間との見解だそうですが、私の見解としては、毎日練習(2〜3時間)すれば一週間以内だと思います。(毎日やるのがキモ)
エミケンさんならもっと短いと思いますよ。
まずは、手すりにつかまって、ひたすら行ったり来たりを繰り返して、違和感を無くすことです。
そのうちに、自然に手すりからテイクオフ!!
40才過ぎてからの、この浮遊感覚は衝撃的ですよ。(笑)
間違っても、最初から手放しで乗ろうとしてはいけません。絶対苦労します。
上記の練習をすれば、さほど苦労なく乗れると思いますよ。
乗るのは案外簡単です・・・・でも、そこから先が奥深くて、未だに修行の身であります。。。。

これからもよろしくお願いします。
aoringer
2013/04/23 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
天祖山はワイルドであった。。。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる