一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨を楽しむ

<<   作成日時 : 2013/06/15 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やっと念願かなって雨模様。
梅雨なんだから、梅雨らしい山を味わいたい。
どんより暗い空の下で普通なら気持ちも落ち込むのに、待ってた雨だと、なんか高揚する。
つまり、気持ちの持ちようで何でも楽しめるってことなんだな。
画像


朝、山に到着した時点では、雨は降ってませんでしたが、草木も地面も濡れて、湿度は100パーセントに近いと思われ、ほぼ雨が降っている状況と変わらない。
まとわりつくような、じと〜〜っとした空気が、まさに「梅雨」って感じで快感・・・・。変態かな。
じとじとじめじめした山が楽しくて、そんな中を一輪車で遊んでるのって、変態って言うより、妖怪っぽいかも。
・・・・いーねー妖怪。望むところだよ。(笑)

生き物たちもこの雨を喜んでいるような気がするな〜。
ブユのやつが喜んで人の血を吸いにくるのは閉口だけど・・・・。

ビロウドカミキリかな。
画像


ウリノキの花がポツポツと。クルっと巻いた花弁がかわいい。
画像

アカショウマ
画像


梅雨といえばコレだ。
画像

昔は自宅の周りにもたくさんいたのに、最近はとんと見なくなった。
なかなか立派なカタツムリ。
殻の巻き方が左巻き(通常は右巻き)なので、ヒダリマキマイマイって種類。

先週のクサイチゴは小さかったが、聖地のクサイチゴはレギュラーサイズ。
甘くておいしい。
画像

巨大なヘビイチゴも同じような場所にあって、ぱっと見、間違えちゃう。

クチブトカメムシの一種。
画像
山の中を歩いていると急にカメムシの匂いがする時があります。
カメムシは敵に襲われたりした時に匂いを出すので、そんな時はどっかでカメムシが危険な目に遭っているのだと思う。

登りの途中から霧雨が降ってきたけど、この湿気では雨が降っても降らなくてもあまり変わらない。
ザーザー降りになるとメガネが見えなくなるのでスゴク困るけど、しとしと雨なら気になりません。
画像

まるで雪のようなエゴノキの花。
画像


登山道の途中にケミカルライトが縛り付けてあった。
ナイトハイクか、ナイトトレランでもやったのかな。ちゃんと片づけてちょうだいね。
画像


オオセンチコガネを発見。
センチコガネより、大きくて迫力がある。
背中側はメタリックパープル。
画像


腹側はメタリックグリーン。
ただいま死んだふりをしているところなのです。
画像


ひとしきり梅雨の動植物を楽しんだ後に山頂着。
本日はおニューのプロテクターなのです。
泥だらけになることは必至なのに、おニューを持ってきてしまった・・・。
画像
画像


これはソフトシェルの履くタイプ。
クリスホルムブランドのニーシンガードと、どっちにするか悩んだのだけど、このタイプのも試してみたくて大英帝国から購入。
ふくらはぎ側はカバーされてないけど、最近山走りではふくらはぎ側を削ることがあまり無いので、別にいいかと・・・。
画像
画像
画像


装着はすごく楽です。ただ履けばよいだけ。
ベルクロでくるむのに比べて、フィット感が違いますね。

さて、久し振りの雨中ライド。
マグラブレーキは笑えるぐらいに効かないです。
足ブレーキがメインブレーキ。

それにしても・・・・やっぱり雨は滑りますね〜。尻餅多数です。
滑らないように走るには、後傾にならないこと。急な制動をしないこと。スピードを出さないこと・・・・雨の中では、この三つを高いレベルで実践せねばなりません。
・・・・難しいな〜。

今日は突然に思い立って、いつもと違うコースを走ってみました。
いつもは堂平山から笠山を登って降りるのですが、今日は堂平山から直接降りるコース。
このコースは毎度気になってはいたものの、距離が短く、すぐに山を下りてしまうと思われたため、走ったことがなかったのです。

でも、今日は雨のずっこけライドなので、短くても楽しめるかと・・・。

登山者の多くがこのルートを通ってくるので、イージートレイルかと思いきや、スタートしてしばらくは中々テクニカルな場所もありました。
結構岩がごろごろしてたりして、落車多数。(笑)
画像
画像


でも、後半はだんだんとイージーになり、揚句の果ては舗装路に・・・・。

・・・・・やっぱり物足りないじゃん。

そんなわけで、一旦下界に降りたものの、結局いつものコースを途中まで登り返して遊んできました。

ピカピカだった新しいプロテクターも、このとおり。(笑)
画像


さて、このプロテクターのインプレですが、他のプロテクター同様、やっぱりズレます。
左右にはズレませんが、下にズレる。
ただ、多数のベルクロで巻きつけるタイプと違って、修正はすごく簡単。
グイと引っ張り上げれば良いだけなので、こまめに直していても苦になりません。

一番気になったのは、ブレーキシリンダーが引っ掛かることがたまにあること。
マグラのブレーキシリンダーって邪魔ですよね〜。
これが無くなるだけでも、ディスクにする価値があるかも知れない。
画像


通常の走りでは大丈夫ですが、坂道をクイックにハンドル切ったりすると引っ掛かる。
・・・これは他のプロテクターでもあるのですが、このプロテクターの場合、内側にパッドが着いているので、一層引っ掛かり感が強いような気がします。パッドは取ってしまったほうが良いかも。
画像


その点クリスホルムのニーシンガードは、ブレーキシリンダーが引っ掛からないような工夫がしてあります。
マウンテンユニサイクルを知り尽くした者が作っただけのことはあるんだなって改めて思いますねぇ。

かくして雨天の修行は終了。
人のいない静かな山で、存分に梅雨を楽しめましたよ〜♪


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ガードはソフトシェルのタイプのほうがフィット感は良いように思います、内側のパッドはあまり有用ではなさそうですね。

そういえばディスクはブレーキの凸が無いので内側が引っかかるってコトはないので、不快に思うことがなかったです、、、記事を読むまでぜんぜん気にしてませんでした(笑
go_go_wheels
2013/06/19 21:23
私も記事を書いてて、そういえばディスクだと引っかからないな〜って気づいたの。
ブレーキブースターとかもいらないし、ホースもシンプルだし、目立つディスクの見た目のイメージに比べて、実際はシンプル化できるのかも。
aoringer
2013/06/19 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨を楽しむ 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる