一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の山は忘れたい・・・・・。

<<   作成日時 : 2014/01/12 17:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014年2回目の出撃は南の聖地といたしました。
地元では飯能アルプスと呼ばれている低山の尾根ですが、低山の割には狭くて険しいアップダウンの修行路です。
なにより、ここなら積雪の心配はありませんからね。
画像


黎明期に駐車場に到着。
気温はマイナス6度ぐらい。
駐車場から見下ろす吾野駅が寒々しいです。
画像


山を登ってる途中で日の出。
赤い光が林を包む。
画像


ひとしきり登って、尾根上に出ると、そこからはアップダウンを繰り返すトレイルです。
下りの部分では一輪車に乗るので、尾根に出たらプロテクターを装着。
この尾根道は山地図では点線のルートで、踏み跡はかなりしっかりしているものの、道幅は狭く、傾斜もきついところが多いです。

とりあえず、いつも通りって感じで走ってたのですが、悪魔の住むポイントが・・・・。

この写真の場所なんですがね。
昨年214さんがこけて、足に引導を渡された魔のセクション。
画像

写真ではいまいち分らないけど、傾斜はきつい。でも、すごく難しいって場所でもないのです。
しかし、先に続く道は狭くて、痩せてて、落っこちたらやばい状況なので、プレッシャーがかかる。

過去にはすんなり通ってしまった記憶があるのですが、今日は思いっきりこけて、腰を打ってしまった。
どうも運悪く石に当たったらしい。
写真の左下の石だと思う。
かなり痛い。

予想外に滑ったので、納得できず、状況を調査してみました。
写真で分るように、根っこがV字型になってますよね。
斜めの根っこを走るのは嫌だから、当然走行ルートはV字の真ん中を通ることとなります。
よくよく見たら、根っこでロート場になったセンターには、ザレた石が堆積していたのでした。

V字の上の根っこを越えた瞬間加速するので、ちょうどザレた石のところで制動をかけることになり、ズリっすってーん!・・・ってことらしい。
とりあえず、原因が分れば対処はできる。そこで強く制動かけなければ良いわけだ。
腰が痛いけど、悔しいので再チャレンジしたら難なく通れました。

・・・・しかし、その後が大変。腰の痛みがとれないのです。
打撲だから、そのうち痛くなくなるだろ・・・・と思ってたのですが、ぜんぜん良くならない。
やっぱり魔物が住むセクションだったのか・・・・。214さんの顔が浮かぶ。(笑ってるし)
一輪車に乗ると、痛いのを忘れてしまうので、まーいーかーってことで先に進みましたが、なんか今日はへたくそだ。

調子が出ないときに、修正する方法は、それなりに引き出しを持っているのですが、何をやってもしっくりこない。
左右のバランスは悪いし、べダルは踏み外すし、前のめりになるし、一輪車との一体感が得られない。
なんだかわけ分らないので、効きすぎるブレーキが悪いのかとも・・・。

そんでも頑張って、根っこ斜面で動画を撮りました。
画像

一回目はうまく走れたのだけど、なんかスピード感が足りないってことで、再チャレンジ・・・・・・。

カメラにつっこんだ。(笑)
画像


カメラは無事だったけど、三脚のゴリラポッドが破損しました・・・・。
画像


そんなこんなで、とにかく今日はボロボロ。
久しぶりに相当ころび、一輪車も相当落っことした。(でもディスクブレーキは大丈夫だったよ)

折り返し地点に到着です。
遠くに見える関八州見晴台周辺には雪はありません。
画像


折り返し地点からは、しばらく快適に乗れる所があって、不調でもそこで気分が乗って、以降は好調になったことが過去にあるので、ちょっと期待をしましたが、やっぱりダメ・・・。

奥多摩のほうはまだ雪がありますね。
画像


復路も??マーク満載で、全然納得できません。
おまけに、終わり近くなって、再び滑って腰の同じ場所をぶつけた・・・・・しばし悶絶・・・・ついでに足もつった・・・。(泣)

結局最後までひどい状況のまま下山しました。
画像


帰りの車の中で、冷静に本日の状況を考えたのですが、やっぱり腰を痛めたのが、すべての原因にように思いました。
一輪車に乗ると、熱くなって痛いのを忘れてしまうのですが、打撲のせいで足に力が入らなかったように思います。
段差を降りた時とか、ぜんぜん足で体を支えられなかったし、踏み外しが多かったのも、そのせいかも。
だいたい、いつも踏み外す足は左なのに、今日は右ばっかり踏み外していました。痛めた腰は右側なので、通常は主力の右足が使えなかったらしい。バランスも悪いわけだ。

・・それと、滑って再び腰を打つのを怖がっていたようです。
意識はしてなかったけど、今日一日、どうも前傾気味で、前に突っ込むこけ方ばっかり。(怖かった)
前に突っ込むのはブレーキ効き過ぎのせいかとも思ったけど、聖地では問題なかったものね。
後ろに転ぶのを無意識に嫌がってたらしい・・・・結局最後に転んだけど・・・・。

せっかく腰のプロテクターを買ったのに、最近着けていませんでした。
位置的にプロテクターがあれば、ダメージは小さかったと思います。
こんな目に逢うくらいなら、うざいけど着けようかな〜。

ということで、今日の走りは忘れます。忘れなければなりません。
こんなクソな走りを記憶しても百害あって一利なし。

で、まっさらな状態でまた行かねば。


・・・・・・・すんごく、くやしいんですけどぉ!!!・・・う〜〜〜。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
aoringerさんでもそんなことがあるんですねぇ
僕から見ると、そんなとこ行けちゃうのに不調だなんて…
ぺー
2014/01/12 22:04
ワタシも年末の仕事で肩〜腰にかけて筋肉痛になったまま、年始の舗装路でさえ調子悪かったですもん。ましてヤッたばっかりとなれば…そのつもりが無くても庇って変な動きになっちゃうんでしょうね。気にするからますます負に落ちちゃうスパイラルの典型?
直れば忘れちゃうのが吉ですね♪
go_go_wheels
2014/01/12 23:23
一輪車はシンプルなだけにパイロットの好不調に
凄く左右されますね。
自転車だと結構ごまかせるんですけどね。
膝もやばいですが腰はもっと洒落にならんので気をつけてね!
214
2014/01/13 07:56
ぺーさん、ほんと散々でしたわ。
でも、そうすると絶対リベンジって思うので、延々と続いてしまうのかも。
山一輪車ってほんと好不調の波がある。
メンタルや天候、体調とかで???が多い。
それが面白いと思うんだけどね。

wheelsさん、まったく負のスパイラルっすよ。
忘れるに限るってやつですね。
今日もまだ痛いので、全治一週間ってとこかな〜。
ぶつけた石は尖ってたみたいで、あとで見たら2か所流血してました。(笑)

214さん、南の聖地で数ある難所の中で、何で例の場所なのか?
・・・・何か見えない力を感じますね。
あの場所には悪霊がとりついているのかも知れません。
塩でも撒こーか。
aoringer
2014/01/14 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の山は忘れたい・・・・・。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる