一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 臼入山〜官ノ倉山コース解禁♪♪

<<   作成日時 : 2014/03/09 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

いや〜、またまた一週間以上悶々と過ごしてましたよ。ヤマレコ見て・・・。
奥武蔵、秩父の山行記録を追ってましたけど、雪は全く消える気配が無い。
道標が半分埋まってる画像とかがあったり・・・・呆れるばかり。

一体、私はどうしたらよいのか・・・・。
休日はサイクリングしよーか、久しぶりにインラインスケートでもしようか、寝てよーか・・・色々考えたけど、結局山一輪車に勝るものはなく、先週一部のトレイルで遊べた臼入山に再び行くことにしました。
走れる場所は少なかったけど、それでも他の遊びをするよりはマシって結論です。
画像


あれから一週間以上経っているので、前回よりは走れる場所が増えているはず・・・・と期待していましたが、なんと期待をはるかに超えておりました!
あんなにたくさんあった雪がすっかり消えてる。
深いところは膝ぐらいまであったのに・・・・さすが低山であります。

前回と今回の比較。
画像
画像


前回は撤退した山頂も雪はありません。
いつもの風景。(ただし、周囲の山は雪山/笑)
画像


臼入山から官ノ倉山へのプチ縦走路も問題ない感じ。
官ノ倉山に向けて、るんるんのスタートです。
画像
画像


途中、一ヶ所だけ雪のあるところがありました。
でも、写真に写ってる範囲ぐらいで、あとは無雪。しかもトレイルは乾燥していて走りやすかったです♪
画像


このコースは、山一輪車を始めた頃に、虎の穴的に通っていた場所で、かつては手入れのされていない植林にジャングルみたいに低木が生え茂り、トレイル以外周囲は見えず、まさしく虎の穴っぽかったのですが、最近はだんだんと手入れがされるようになって、爽快な縦走路に変貌しつつあります。

ところどころ、展望も開けたりして、気持ちのいい縦走路になりました。
画像


低木が刈られ、ヒノキも手入れがされて、清々しい雰囲気に。
画像



低山の縦走路なので、いくつものピークを登っては一輪車、登っては一輪車の繰り返しです。
終点の官ノ倉山からは、そのまま下山するのが過去のパターンでしたが、今となってはちょっと物足りないです。
そこで、今日は縦走路を再び戻って、ピストンとすることにしました。

官ノ倉山の肩にある天狗の下駄?
面白いのだけど、合板で作らないでほしいな〜。
画像


復路も往路同様、るんるんです。
日曜日だけど、ハイカーさんにも合わないし・・・・雪で敬遠してる人が多いのかな。

左奥に見えるが堂平山、右に見えるが笠山。
画像

二つを合わせて一輪車の聖地と呼んでいる。(約2名だけ/笑)・・・・しかし、聖地は相変わらず麓まで白いっすね。早く白衣を脱いでちょうだいよ。
白衣の下を想像すると興奮するな〜〜。鼻血でちゃいそう。(笑)

DEOREは2回目の出撃ですが、ほとんど完璧です。
ひじょうに使いやすい。
画像

山一輪車のディスクブレーキはDEOREでキマリですよ。マジで。・・・・高いの買っちゃだめよ。(苦笑)

本日はすっかりご機嫌になってしまったので、いつもはかったるくてやらない倒木ジャンプ越えも。
画像

思ったよりも高く飛んでるので驚いた。
無駄に高いね。(笑)
普段やらないから、感覚が分ってないんだな。
・・・・まぁ、これから先も爺は「倒木は歩いて越える」が基本ですけど。。。。

アオキの実とトレイル。
画像

かつては、アオキのジャングルだったのだが、キレイに伐採されて、ほんと良いトレイルになりました。

臼入山からの下りは、官ノ倉山からの下りより面白いです。
ちょっとテクニカルだったりする。
画像
画像


終了間際になって、本日初のハイカーさん3人と会いました。
それ以外は誰にも会わず、静かだし、天気も良くて、悶々としていた一週間の憂さが晴れたって感じです。
縦走路のピストンは初めてでしたが、予想どおり楽しかった。
従来の周回パターンだと物足りないし、帰りは舗装路を長く走らねばならないので、ピストンのほうが良いです。
今後、このコースはピストンパターンで決まりだな。

麓ではフクジュソウが。
画像


雪に覆われているけど、着々と山の中は春になっているんだろうな〜。
そーいえば、ウグイスも鳴いてましたよ。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっとちょっと・・・
すごい飛んでるじゃないですか
あんまりやらなくってもそんなに飛べちゃうもんなんですね〜
すごいな〜

ちょっと質問です。
ジャンプするときのサドルの持ち方なんですが、ブレーキから手を離しますか?
自分の場合、ブレーキから手を離すと、ブレーキに手を戻すまでに時間がかかってしまって・・・
かといって、手を離さずにホッピングできないし。
どうやってますぅ?
ペー
2014/03/09 19:58
人差し指と薬指と小指でサドルを握って、中指はブレーキレバーにいつも添えてる感じです。
写真のジャンプはブレーキ使ってないけど、掛けようと思えばすぐに掛けられますよ。
aoringer
2014/03/09 21:21
たしかに。すごい飛びですね〜。
実は私も密かに(?)ホッピングの練習をしてたりしましたが、実際に山の倒木越えで使おうとすると、わずか10cmぐらいの倒木ですら、足の位置が合わないとズッコケたりして全然使い物になってないです。(しかも自然の倒木は斜めになってたり、アプローチが平坦で無かったりするんで尚更難しいですね)
クラ
2014/03/09 21:25
クラさん、まったくそのとおり。
足の位置が合わないと、全然ですよね。
実戦的なのは抜重して乗り越えるパターンだと思います。
でも疲れるので、結局多用するのは「歩き」です。(笑)
aoringer
2014/03/09 21:42
あ〜やっぱり持ち方が悪いのかなぁ
すっとブレーキ握れるように研究してみます
ぺー
2014/03/09 22:12
たまに拝見してます。
しかし、ヨシ先アクティブですな。
偶然ですが、前日の8日に官ノ倉山登ってました。
ニアミスです。
火修理マン
2014/03/11 22:13
これはこれは。火修理マンは決して熱いとは言わない…。
前日にいたとは…惜しかったなぁ。
会ってたら大爆笑だったろうね。
山一輪車は面白すぎて、一輪車が無い山は有り得ないんだけど、登りは「生物部」的に登ってますよ。
登りの生物部と下りの一輪車部のセットで山を遊ぶのよん。
面白いよね〜。山ってやつは…。
aoringer
2014/03/11 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
臼入山〜官ノ倉山コース解禁♪♪ 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる