一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹波天平へ出撃

<<   作成日時 : 2014/04/13 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

もういい加減雪は大丈夫であろうと、標高1340mの丹波天平に行ってきました。
文字通り、天の平な場所って感じの山です。
天平と書いて、「でんでいろ」と読む・・・・ぜってー読めねぇし。

214さんが、雪で山腹の廃屋がどうなったか心配・・・・・と言うリクエストにお答えしての出撃です。
なので、本日は久々に2人。
画像


登りはじめの畑の真ん中に犬が・・・・と思ったら、作り物でした。(笑)
画像

薄汚れた感じが、山の犬っぽくてリアルだった。
イノシシ避けでしょうか?・・・・効果あんのかな〜??

このコースは、尾根に出るまで、約2時間ひたすら登り続けます。
デジャヴのような九十九折れの道。
下ったことはないけど、けっこう面白いかも・・・・・ディスクブレーキなら指が疲れずに走れそう。

麓近くでは、ミツバツツジが咲いておりました。
朝のうちは太陽が出てて爽やかだった。
画像


これはカケスの羽。
ルリ色のワンポイントの部分。
画像

鷹か何かに襲われたようでした。
鳥の羽を214さんが飼ってるインコに見せると興奮するらしい。
インコにお土産です。

ひたすら山腹を登って、尾根上に出ると、いきなり平らな広場。
サオラ峠です。
画像

ここからはずっと広い尾根で、ここから一輪車スタート!

尾根道は緩いアップダウンでクロカン系です。
気持ちがいいが、漕ぎが必要なのでかったるい・・・・特に今日は霜柱の名残りなのか地面が凸凹してて、漕ぎが辛い・・・・・・辛い時はすぐ歩く!(笑)

雪の影響か、かなり倒木が多かったです・・・・・倒木が多い時はすぐ歩く!!(笑々)
画像


ここが丹波天平。
ひときわ平らで広いです。
標高1340mの山の上には思えません。
画像

向こうから騎馬武者が走ってきそうな雰囲気です・・・・・でも実際は、一個のタイヤに乗ったおっさんが走ってくるだけ・・・・・。言葉が見つかりませんな。

ここからは、斜度のある下りになるので、漕ぎはいりません。
広く気持ちのよい尾根道を存分に堪能いたしました。
画像


一輪車に乗ってるといつも笑ってる214さん。(笑)
画像
画像


松ぼっくりが沢山落ちてる道です。
画像


尾根道が広いので、尾根から分岐する下山路を見落としやすい。
尾根の中央を歩いていたりすると、高確率で見落とします。
なので、昨年はありませんでしたが、今年は大きくトラロープが張ってありました。
しかし、案内板が空を指してる・・・・天平だから?
画像


尾根から離れると、一層斜度は大きくなり、いつものシングルトラックって感じ。
しかし、ところどころ道幅が狭く、路肩が弱く、落ちたらヤバい急斜面だったりする。
尾根はあんなに広いのに、山腹は急峻なのです。

本日一番のお楽しみ。
ジジイではあるが、なかなかの反射神経ではありませんかね。(笑)
画像
画像
画像
画像


どうしてこうなったかと言うと。
石に躓き前傾→転びたくないので無理に加速→操舵不能・・・・って流れです。いずれ動画で・・・。
ちなみに、どこも怪我はありませんでした。

バッコヤナギのクリームソーダグリーンが美しいです。
画像


214さんが心配していた廃屋は雪にも負けず健在でした。
しかし、母屋は健在でしたが、隣にあった物置は写真のとおり砕け散って、斜面に散乱しておりました。
画像


ハシリドコロの花が咲いてました。
画像

まだ緑が少ない中で、みずみずしい緑がよく目立ちますが、食べてはいけない毒草です。
キチガイグサとも呼ばれていて、食べると高揚してキチガイになるらしい・・・・・最悪死にます。
でも、何気に美味しいとのこと。

というわけで、本日も無事終了。
画像

気持ちの良いロケーションなので、晴れていたのが朝だけだったのがちょっと残念かな。
日曜日とあって、奥多摩湖は大賑わい(桜満開です)、雲取山の登山口も車がたくさん・・・・・でも丹波天平にはハイカーゼロ。
もともと登山者は少ない山ですが、誰にも会わなかったのは初めてです。平日みたいでした。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
広い尾根いいですね〜
昨日行ったところもそんな感じでした

転け方危険過ぎ(・・;)
ぺー
2014/04/13 21:09
山上に湿地がある山だったみたいですものね。
やっぱり天平って感じなのかな。

一輪車で落っこちる時は一輪車と一緒に落ちるのは危険なので、瞬間的に一輪車をおっ放す技術は一流だと思います。(笑)
aoringer
2014/04/14 12:56
膝の不安が無くなったのでいつもより
余計にニヤニヤしていますな〜。
ディスクにすれば更に膝の負担が
軽減されるかと妄想チュー。
それにしてもデンデーロはあまりに遠し・・・
214
2014/04/15 21:52
214さんお疲れ(特に帰りの運転/笑)
やっぱり、かつての214さんではないな・・・って感じはしました。派手に逝っちゃってたのは私だし。
そりゃあ大手術の後ですもの、当たり前ですよね。
そもそも一輪車で山を走っていいのか!?って疑問に思うことしきり・・・。
でも、これから山走りを重ねるに従って、どんどんクラッシャー214さんに戻る気配はムンムンと感じました。
あとは膝の負担軽減にディスクですか。
グルコサミンもいいと思うんですがね〜。(笑)
ところで、インコは興奮したのかなぁ?
aoringer
2014/04/15 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹波天平へ出撃 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる