一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS また聖地なのでした。

<<   作成日時 : 2014/04/19 16:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

金曜、土曜と連休だったもので、金曜日に高めの山へ行こうと画策していたのですが、生憎の雨。
土曜日の出撃となってしまった。
土曜日だとハイカーさんが多いことを嫌って、結局聖地を巡礼してきました。
画像


実は明日日曜日に、外秩父7峰縦走ハイキング大会って大きなイベントがあり、聖地周辺はハイカーだらけでとんでもないことになるのです・・・・。
皆さん明日に備えて体力温存ってわけで、前日の土曜日には人はいないってすんぽー。

まぁ、通常でも、巡礼ルートにはそんなに人はいないんですけど・・・。

いよいよ、聖地は百花繚乱の時期であります。
画像


山の中は、萌え〜の季節。
点々と無数に芽吹く緑が、銀河のようです。
画像


ヒトリシズカの花が咲いてました。
画像


シロバナエンレイソウも。
画像


偉そうなミミガタテンナンショウと、うなだれてるカタクリ。
画像

カタクリは朝早いから開いてないだけです。
でも、もうカタクリの花も終盤って感じでした。
先々週は、まだ咲き始めだったのにね。
早春の花の命は短いです。・・・・見頃はほんの一週間ってとこか。

今日はあちこちで鳥の囀りがにぎやかでした。
いよいよ夏鳥たちが渡ってきましたね。
・・・・ってなわけで、バードウォッチング。
画像


まだ、木の葉が茂っていないので鳥を見やすいです。
きれいどころのオオルリとキビタキをじっくり観察。
画像
画像
↑写真は「フリー素材 森の父さん花鳥風穴」から拝借しました。(自分じゃ撮れません)
イマイチ囀りが未熟だし、キビタキは羽が生え変わっていないので、上の写真ほど美しくなかったですけどね。

一輪車を担ぎながら、双眼鏡で鳥を見て、地べたに座って花を撮って・・・・・まったく欲張り。
なかなか山頂に到達しない・・・・。(笑)

山頂近くの日陰には、まだ雪が残ってた。
秩父の低山なのにね。こんなの初めて。
画像


本日の山頂は、春らしく周囲が霞んでおりました。
画像


一輪車に乗る前に、双眼鏡はザックに収納しなければなりません。
首からぶら下げていると、揺れて顔面にヒットしますからね。
かつて、バードウォッチングにはまっていた時、何度痛い目にあったことか・・・。
小川とかを飛び越える時が危険なんだよね。

一輪車に搭乗したら、トレイルに集中し、思いっきり視界は狭くなってしまうので、鳥も花もほとんど気付かなくなってしまいます。
何もかも忘れて、ひたすら地面に集中してるってのが、山一輪車の醍醐味でもあります。
画像

でも、疲れるので、すぐに休憩が入っちゃう。(笑)
休憩に入ると、一気に周囲が見えるので、これまた爽快です。

そんな休憩時に偶然発見したシュンラン。
一輪車搭乗中であれば、100回走っても見つからないだろうな・・・。
画像


そんな休憩時にもう一つ気付いたこと。
ブレーキホースがけっこう傷ついてました。
画像

XTブレーキだとホースは内側から出るのですが、DEOREだと外側になるのです。
やっぱり、なんだかんだで、ホースはダメージを受けているようです。
いずれオイル漏れに至るかもしれませんね。
マグラで工夫したように、ホースガードを考えなければいけないかも。

画像
かくして緑の泡がもくもくと湧き立つような、淡い緑の聖地を堪能してまいりました。
ちょっと腰が痛かったので、一輪車の走りはやや消極的だったかな。
まぁ、一輪車以外でも、色々と楽しめた巡礼でありました。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ディスクブレーキの耐久性が気になっていますが、結構なんともないですね
うーんほんとにディスク欲しくなってきた

マグラのホースには配線用のスパイラルホースを巻いていますが、今のところノートラブルです
ぺー
2014/04/19 21:50
生き物たちも春満開のようですね。
今週はお預けなので、来週あたり蕨山か伊豆ヶ岳へ出撃予定です。
火修理マン
2014/04/19 23:13
ぺーさん、タイトターン三昧お疲れ!
私はマグラのホース保護にスプリングを使用してました。
214さんは、ブレーキホースみたいな厚手の樹脂ホースをさらに上からかぶせていましたが、見た感じ、これが一番強力そうでした。
いずれにしろ、一旦ホースを抜かなくてはセットできないので、今のところやる気なし。(笑)

火修理マンさん、蕨山かぁ。
蕨山の金毘羅尾根はMTBの上級コースで、かつてよく戦いました。
・・・・で、一輪車では、まだ処女地。
214さんと蕨山で共に玉砕しよう・・って約束してるので、なかなか機会がないんだよね。
生き物的にはどうだったかいまいち記憶がありません。
これから梅雨までの期間は、山登りしてて最高に胸躍る季節じゃないですか?
次から次へと生物があふれてきて、もう今なら死んでもいいやって毎年思うんだよな〜。(笑)
aoringer
2014/04/20 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
また聖地なのでした。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる