一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS またヘルメット忘れた。(苦笑)

<<   作成日時 : 2014/06/29 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

相変わらず仕事が落ち着かなくて、かったるいので今日は聖地巡礼と決めておりました。
天気予報は雨っぽかったので、雨中ライドを楽しもうかと・・・。
日曜日でも雨なら誰もいなくて、静かな山を味わえますしね〜。
画像


早朝家を出発した時には、かなり本降りでした。
時々土砂降りになる。
ワイパー最速状況・・・・・さすがにこの降りでは走る気を無くすな〜と思いましたが、天気予報で雨雲の動きを見ると、9時半頃には雨が上がりそうなんですよね。
どうかな〜。

・・・・と期待しつつ、7時頃、聖地の駐車場に着いたら、計ったように雨が小降りになりました♪
この程度の雨なら想定内ってことで、身支度を整える段になって気が付いた。

・・・・またしてもヘルメットを忘れた〜・・・。(物忘れチャンピオンのB型)

前回は途中で気付いてコンビニで帽子を買いましたが、今日は現地に着くまで気づかなかった。
別に慣れた聖地なので、ヘルメットが無くても大丈夫なのですが、雨の時は困るのです。
メガネをかけている人なら分ると思いますが、ヘルメットのバイザーがないと雨がメガネに付着して、ひじょうにウザいのです。最低です。
帽子でも良いのですが、運悪く帽子も置いてきてしまった・・・・。

何かメガネに雨が当たらない、うまい方法は無いかとしばし考えておりましたが・・・・なんと、考えることもなく、いつの間にか雨が止んでしまいました。ラッキー!!

私の頭は、てっぺんの方が非武装なので、木の枝防御のためにタオルだけ頭に巻いて、出発。

昨晩から今朝にかけてかなりの雨が降ったらしく、渓流はかなり増水してました。
あんまり見たことがないぐらい、水が多かったです。

雨が上がった直後の里の風景。
画像


マタタビの花が満開状態です。
画像


登山道を歩いていたら、山の斜面になにか白いものがある。
マタタビの葉にしては大きすぎる・・・・何だろうと確かめると・・・。
画像

オオミズアオでした。
幻想的な青白い羽が魅力的です。この世とは違う世界から紛れ込んだような雰囲気があります。

山頂は霧の中。
画像

しかし、プロテクターを着けたり、準備運動したりしてたら、霧が晴れてきて、霧の向こうに青空が。
画像

夏の朝の高原って雰囲気ですね。
天気予報どおりです。

太陽が出てきたので、すかさず日光浴開始のオオミドリシジミ。
画像
画像

図鑑によると、山頂が好きらしい。
オオミズアオは青白かったですが、こちらは、メタリックに光り輝くプルーです。すごくキレイです。

雨が上がったばっかりで、先週よりもトレイルは濡れてました。
先週よりも滑る。
滑る時は、滑るなりの走りをすれば良いのだが・・・・これが結構疲れます。
画像
画像

グリップを失わないように、また、滑っても対応できるように・・・・って走るには、常に足の筋肉を緊張させてないといけないみたいで、イージーな場所でも疲れちゃう。

濡れた根っこで、ちょっとタイヤが横にズレただけでバランスを崩すこと多数・・・・まだまだだな〜。
画像


七重峠ではオカトラノオが咲き始めました。
画像


すっかり晴れて、木漏れ日がまぶしいです。
日向と日陰のコントラストが強すぎて、トレイルが見にくい。
画像

雨上がりでどこもかしこもびしょびしょ。一輪車もびしょびしょ・・・・リムブレーキだとイラつく状況。
しかしディスクはさすがです。何の影響も無いっす。
もっとも、強く制動をかけるとスリップするので、そんなに効かなくても良いのですけどね。

この場所は乾燥していれば行けますが、今日はやりません。
だって、やらなくても結果が分るんだも〜ん。
画像

まず、サドルの下の根っこで滑るでしょ。それだけならいいけど、次の平らな岩でも滑る・・・・で、100%コケる。

クリアーするには、制動かけないで一気に降りちゃうことですね。
急加速したその先がどうなるかは神のみぞ知る・・・・。
10歳若ければドンキホーテになったかも知れませんがねぇ。

と言うことで本日も無事巡礼終了。
雨に降られなかったのはラッキーでした。
トレイルは雨が降ってるのと同じぐらい濡れていたので、ほぼ雨中ライドを楽しんだ(苦しんだ?)のと同じだったと思います。

次は乾燥したトレイルを走りたいな。

画像
山はすっかり夏山の雰囲気ですね〜。
次回はヘルメットのみならず、扇子を持っていかねばなりませんな。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
オオミズアオ、久しく見ていないので見たかったな〜
そうそう、遅ればせながら私もディスク化完了しましたよ。
隊長初め、Peeさん、Wheelsさん、クラさんのお言葉が
とても参考になりました。有難うございました。
まだ山には行ってませんがワクワクしますね!
214
2014/06/29 18:57
ディスクだと乾湿どんな状況でもブレーキ自体の操作性が変わらないから、濡れたリムブレーキのように掛けはじめに滑って少し経ってから効いてくるというコトないので、路面だけ気を使うだけ、ラクですよね。

20inでチマチマ遊んでるときに転んで頭を打つときは後ろに転んで後頭部というパターンが多くて、頭に巻いたタオルの結び目がちょうどクッションになるんです、タオル侮れませんよ(笑
go_go_wheels
2014/06/29 19:36
おおお!ついにディスクになりましたか。
おめでとうございます。
南の聖地に行く予定が、天候が悪くてだめですね〜。
あの場所はスリッピーな時には行きたくありません。

テストドライブはいつ行くのかな?
とりあえず次の日曜も休みの予定で〜す。
aoringer
2014/06/29 19:55
wheelsさん、今日みたいな状況だと、下草等の影響で常時リムはびしょびしょ。
ディスクだと、全く気にならないのは感動的ですね。

なるほど〜。
タオルも侮れないですか・・・・・しかし、後頭部打つのが多いって・・・・・危険過ぎる。
一輪車はそういう転び方をしないって一輪車協会では紹介しているはずなんだけど。(笑)
aoringer
2014/06/29 20:05
なんか日本のMUNI界は、この1年でDISK化率かなりUPした気がしますねぇ。
クラ
2014/07/01 00:00
スリッピーなのは怖いのにまたヘルなし
おそろしやー

僕の名前も出していただいて光栄です
ディスクいいですよねー
でも相変わらず僕だけ音がするのはなぜなのでしょう??
ぺー
2014/07/01 01:29
クラさん、日本のMUNI界って・・・その狭さはハンパ無いですね。(笑)
その中で、ディスクが浸透していく様子はかなり面白かったです。(もはや過去形?)

ぺーさん、一人だとあんまり怖いことやらないし、もう齢なので大人しい走りだし、ヘルメットがなくても基本的には大丈夫だと思います。
ただ、たった1回が命取りの頭部なので、保険は必要ですよね〜。
aoringer
2014/07/01 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
またヘルメット忘れた。(苦笑) 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる