一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 想定外に疲れましたぁ。

<<   作成日時 : 2014/08/01 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の出撃記録です。
先日の大菩薩嶺では白糸の滝からスタートして、ピストンのコースでありましたが、隣の尾根を周回するコースもあると前回の記事で書きました。
そんで、この夏中に行くとも書いたのですが・・・・・もう行っちゃった。
気になりだすと我慢できない性格なんだも〜ん。(笑)
画像


昨日は快晴。
画像

なんか久しぶりの快晴です。
でも気温は低く、白糸の滝駐車場朝5時30分の気温は16℃ぐらい。寒いです。
とっとと歩いて暖まりたい。

前回堪能した極楽浄土のトレイルをテクテク歩く。
前回は時間が一時間早く、曇っていて暗かったですが、本日は木漏れ日の中で爽快です。
美しい森を満喫。
画像
画像


トレイルにはマウンテンバイクのタイヤ跡が幾つかありました。
後に介山荘のおじさんから聞いたところでは、昨日3人組が下ったとのことでした。
うち1台はタイヤが細かったようだが・・・・シクロクロスかな。

シロバナヘビイチゴの実。
画像

名前はヘビイチゴだけど、そこらに生えてるヘビイチゴとは違って、見た目は極小のイチゴって感じ。
ヘビイチゴの実はほとんど味がないけど、こちらは小さいながらもイチゴの芳香もあっておいしい。

シモツケの花。
もう終わりに近いです。
画像


ニガクリタケかな?
画像


トレイルに沢山飛んでるクロヒカゲ。
画像

動物の糞を吸ってます。
こんなところに糞をするのはテンでしょうか。

本日の大菩薩峠。
爽快に晴れてま〜す♪
画像

本日は大菩薩嶺方面には行かず、峠から反対方向に進みます。
介山荘の間を抜けて石丸峠方面へ。
とりあえず介山荘の後ろに見える熊沢山ってピークを登る。
画像


けっこうワイルドな登りでした。
画像


林床は苔に覆われていて、下草が生えない亜高山の山です。
画像


コメツガの子供。
画像


熊沢山の山頂付近。
画像


本日は富士山がよく見えます。
夏なので湿度が高く、ふもとのほうは霞んでしまい、ぽっかりと宙に浮かんでいる富士山です。
画像


熊沢山の反対斜面は笹原です。
画像

超爽快な景観です。
ここから一輪車搭乗。いきなりのハイライト斜面っす♪
画像
画像
画像


言葉もないね。
画像
画像


写真ではちょっと分らないけど、けっこう斜度があり、岩がらみの面白い斜面でした。
天気もいいし、涼しいし、十分堪能しました〜♪

しかし、カメラを回収するのが超かったるいのよ・・・・・。(笑)
画像


石丸峠から降りてきた斜面を望む。
画像


石丸峠を越えて少し進むと分岐があって、牛の寝通りって尾根道に向かいます。
画像


とりあえず焼きそばパンで栄養補給。
画像


で、ここからが想定外だったのです。
いきなりトレイルは細くなり、木がかぶさっていて、くぐり抜けられない場所もある。
頑張って乗車したままくぐり抜けようとすると、やたら疲れる・・・・。
画像

その後、覆いかぶさる木の試練はすぐに終わったのですけど、結構石がゴロゴロしてて、テクニカル。
でも、頑張れば乗れる。

・・・・・これが良くないの。

ゼッタイ無理って状況なら、降りて歩いちゃうんだけど、「乗れるよな〜」って場所を歩くのはちょっと・・・・ってことで頑張って乗る・・・・・結果、へとへと。
登りで3時間半ぐらい歩いたし、爽快な斜面で遊んじゃったし、ここまでで結構体力使ったみたい。

今回はピストンじゃないので、先の状況が分らないのも困る・・・・一体いつまで続くの・・・・最後までだったら死んじゃうよ〜って恐怖に苛まれながら、約一時間・・・・。
結局後半は、ちょっとした難所は疲労のためチャレンジできない状況になってしまいました。(涙)
そんなワケで動画を撮ってる余裕もなし・・・・。

で、一時間苦しんで、ポッと林を抜けたら、カヤの尾山ってピーク。
画像


ここから先はやっと極楽トレイルになりました。助かった・・・・・。
でも、路面は穏やかだけど、緩い登りがあったりして、これまた頑張って漕ぐと疲れる道。
画像

疲れてなければ、気持ちのいい尾根道なんだけど、気持ちよさを感じる余裕がなかった・・・・。(涙々)

さて、駐車場所まで戻るには、途中で尾根を外れて急斜面を降りていかねばなりません。
地図には載っていない道で、狩場巡視道っていう道。
ネットがなければ、事前に知ることができません。
この分岐点について詳しく書いてあるサイトがあって、東京都水道局の用地境界を示す杭が目安だそう。
この192番の所が分岐点の目安です。
画像

いや〜、インターネットとそこに情報を提供してくださる皆様には感謝感謝ですね。

この水道局の杭は、尾根上にずーっと並んでいて、20番位からこの192番に至るまで長かったぁ・・・。

ここが分岐点。
一応標識が付いているけど、192番を目安にして注意してないと見落とすかも。
画像


この分岐点から先は急斜面であることは地図を見ても一目瞭然です。
走りやすい場所であることをひたすら祈っていた私です。(笑)

・・・・祈りが通じたのか、狩場巡視道はキレイに整備された道でした。
急斜面の九十九折れです。
画像

ブレーキだけで下れちゃうので整備された急斜面は濡れてなければ歓迎♪
ガンガン高度が下がる。

谷側にはあまり木が無いので、落ちると面倒です・・・・。
画像

この急斜面も結構なボリュームがありました。
ディスクブレーキもフェード気味。ここなら効きすぎのXTでもいいかもって思いましたね。

下りきるとワサビ田の跡地に出て、ちょっと平らなトレイルとなりました。
ワサビはもう栽培してないようです。
画像


ワサビ田を出ると、またまた急な九十九折れの再開。
しかし、さらに道は狭くなり、さらにタイトな超ヘアピンカーブになり、太刀打ちできないカーブもありました。
なにせ、狭いヘアピンカーブをミスって曲がれずに突っ込むと、崖下転落・・・・って場所が多数あり、チャレンジできないのですよ。

そんでもって、疲労困憊の末に終了。
最初のうちは水の無かった谷は、いつの間にか水量豊富な沢になってます。
画像


小菅川を渡って、向かって右の斜面の上あたりが駐車場所です。
少し川を下ると林道に登る道がありました。
画像

さすがに下まで降りると暑いですが、それでも自然発火しそうな過去の山一輪車に比べれば許容範囲です。
標高は900m位あるし、山奥だと気温が低いです。

というわけで、予想よりもガッツリ疲れた山一輪車でした。
もう一輪車には当分乗らなくてもいい・・・・って終了時点では思いました。(一晩寝たら忘れた)
まずは、前回の極楽ライドで甘く見ていたのが疲労の原因の一つですね。
それと、状況が分らなかったので、ペース配分が良くなかった。
のんびり休み休み行くべきコースでした。

今回でトレイルの全体像が分かったので、次に行く時は楽しめるような気がします。

・・・・とりあえず、覚悟は必要だと思いますけどね・・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
二週連続で出撃するほどいい山なんですね、うらやましい
行ったことが無い道はなんだかとても長く感じて疲れますが、冒険感がゾクゾクします
ぺー
2014/08/02 21:16
初めて行く場所はホント長く感じますね。
これは山だけじゃないですけど。
じっくり山遊びを楽しめるのは2回目以降なんじゃないかと思います。
良し悪しは複数回行かないと正当な判断ができないと思う。
だから大抵はリピートしますね。
リピートしない山は相当ダメだった場所です。(笑)
aoringer
2014/08/03 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
想定外に疲れましたぁ。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる