一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ時期に同じ山に行きたくなる。

<<   作成日時 : 2014/10/17 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

タイトルのとおり、同じ時期に昨年と同じ山に行きたくなるみたいです。
前回の武甲山もそんな感じだったけど、今回は御前山。一年ぶりです。
画像


最近,、武蔵五日市方面はとんとご無沙汰で、奥多摩〜山梨方面、あるいは秩父方面ばっかり。
言うなれば、ちょっと田舎くさい雰囲気のところが中心でした。
武蔵五日市方面は同じ田舎でも、ちょっと垢抜けてる感じがあるんですよね。
単なる個人的な印象ですけど・・・・。

まぁ、山の中に入ってしまえば、あまり変わりはありません。

御前山は車を2台使えば、ある程度効率的に登りをカットできるのですが、最近は以前にも増して「登り」が楽しくて、なるべく歩いて登りたい。
歩かないと、美味しいキノコや花や虫達と出会える確率が激減しちゃうので・・・。
そんなわけで、本日のトレイルの湯久保尾根は、登り3時間を頑張って登る。

寒い朝のため体が動かないフキバッタの一種。
画像


一年ぶりに来てみたら、荒れ果てていた杉林が手入れされてました。
画像


一番目につく花はコウヤボウキでした。
ぱっと見、そんなに美しいって感じの花ではないのですが、陽の当たる花を拡大してみたら思いのほか美しくて感動。
画像


この尾根はほとんどが杉林でイマイチ楽しくありません。
展望もほとんど無い。
僅かに開けた場所から見えた富士山です。
画像

先日初冠雪とかニュースで報じておりましたが、やっぱり富士山は雪がないと富士山らしくないっすね。

純白のサラシナショウマ。
画像


一年ぶりに来て思いましたが、この尾根は距離が長いけど、気持ちいい落葉樹林が少なくて、登るには楽しくないです。
しかし、その分、歩く人は少なく、一輪車の走りはたっぷりと堪能できるってことです。
一輪車は周囲を見ている余裕はないので、路面が面白ければ良いですからね。

3時間ちょっとで避難小屋到着。
画像

最近登るスピードが遅いよーな気がする・・・・・齢かなぁ。(涙)
しかしこの避難小屋は避難小屋っぽくないですよね。なんか「コテージ」って感じです。
以前、しばらく住み着いている人がいたみたいだけど、確かに住みたくなりますね。

さてさて、一年ぶりの御前山ダウンヒルです。
標高差は1,000m近くあります。
MTBで走っても満足度は高いので、山一輪車なら大満足?

ブッシュになった場面もあります。
画像

困ったことにブッシュにはモミジイチゴが沢山あって、トゲが痛い。
プロテクターをしているので、ほとんど大丈夫ですが、生足だったら傷だらけになります。

トレイルは爽快な所と、テクニカルな所が交互に現れて楽しいです。
画像
画像

ロケーションはイマイチだけど、山一輪車のコースとしては素晴らしい。

落葉樹林も少しはあります。
まだまだ緑色の梢。
画像


今日は晴れていたのでリンドウも開花。
画像


岩のドロップオフ。
画像
画像

降りるだけならどうってこと無いけど、降りた先に岩があって、それがプレッシャーになって失敗。
画像


何回かチャレンジすれば行けるとは思ったけど、その何回かで怪我もしそうだったのでやめた。(単独行ですから/言い訳)

半分ぐらい降りたらタイヤの空気圧が足りなくなった。
スタート時点ではベストだったのだけど、標高が下がると緩くなります。
ユニ韓国のおまけでもらったインフレーターでポンピング30回。
画像


終盤近くになると、路面が赤土むき出しの場所が出てくる。
ちょっとウエットでツルツル状態。
タイヤのブロックがどうこう・・・・ってレベルじゃありません。スパイクタイヤじゃないと走れないっす。
画像


ミヤマシキミ。
画像


赤土の部分は一時だけで、終盤はガレた下り。
ガレ場は疲れるので、終盤に現れるのはちょっとキツイよな〜・・・頻繁に降車っす。

かくして、今日は一輪車の走りを純粋に楽しんだって感じです。(キノコもなかったし・・・・涙)
標高差1,000m近くを下ると充足感ありますね。
これ以上下ると、疲労感に包まれて、グダグダな走りになるので、丁度瀬戸際でフィニッシュって感じでした。(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
標高1000mはすごいっすね
終盤はしんどいんでしょうねー
自然と疲れない走り方になりますね
ぺー
2014/10/17 23:19
疲れない走り方ってのは、山一輪車を始めた時からの永遠のテーマかも。
その一番の回答がブレーキの導入だったわけですからね。
楽しい山一輪車はできるだけ長時間楽しみたいです。
そのためには体力を付けるか、テクニックでカバーするかなのですが、自分はどうも体力系が苦手なので、後者を選択しちゃいます。(笑)

標高差については、トレイルの状況によって全く変わるので指標にはならないんですけどね。
舗装路だったら1,000mなんて屁でもないが、修行路だったら300mぐらいで降参ですもの。
aoringer
2014/10/18 20:53
自転車の話しですが、山で固定ギア乗っていてもバックはあまり踏まずにブレーキ使ってますから、やっぱりMuniでもブレーキですよね。
今乗っているMuniにはブレーキ付きそうにもないのでフレームで悩んでます。乗車テクニック的にまだまだ悩むところではなんですが。(^_^;)
shibu
2014/10/26 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じ時期に同じ山に行きたくなる。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる