一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 南の聖地で修行

<<   作成日時 : 2014/12/23 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

天皇誕生日あたりは例年オフ会をやっていたのですが、今年は214さんが忙しいらしく、私も例年になく忙しくて戦略を練ることができず、とりあえず、年末オフ会は無しとなってしまいました。
でも、一応休みは取っておいたので、久々に修行でもしようかと・・・。
画像


修行の場所は南の聖地。
元祖聖地の堂平山の南に、同じ名前の堂平山があって、その周辺は低山にもかかわらず難所だらけ。
急で、狭くて、根っこや岩がこってり・・・・できるとこだけね・・・・・ってロクでもないトレイルです。
214さんの足に引導を渡したのもこの地です。

吾野駅の裏手に駐車場所があります。
駐車場所の気温はマイナス4℃。地面はバリバリ。
でも、数日前の寒波襲来時のマイナス1℃のほうがずっと寒く感じました。
冬の寒さに慣れたって感じですね。

夜明けの吾野駅。
空は明るくなっていますが、山間の駅はまだ夜の帳に包まれています。
画像


ちょっと明るくなるのを待って出発。
周囲は明るくなっても、杉林の中はまだまだ暗い。
かなり時間が経ってから、上の方に赤い朝日が届きました。
画像


冬なので動植物が少なく、写真の被写体となる物がありません。
これはちょっといい感じだったシーン。
色褪せたモミジですけど、綺麗にトレイル上に散らばって、なんか星空みたい。
画像


このコースは標高が無いので、尾根まで登った後は、尾根沿いをアップダウンする仕掛け。
・・・・このアップダウンが結構急坂ばっかりなのです。
通常は山頂まで歩いて登って、下りを一輪車ってパターンなのですが、ここの場合は登って修行、登って修行の繰り返しとなります。

修行!
画像


ゴメンナサイするセクションも多数あります。
道幅が広ければ行けそうなところでも、狭いと超怖い。
怖いと思ったら、もう無理なんで、ゴメンナサイです。

こちらが堂平山山頂。
画像

尾根を外れてちょっと登ったところにある淋しい山です。
一等三角点があるいつもの元祖堂平山とは、同じ名前でもまったく雰囲気が違って、標高も低いし、展望も効かず、登る人もほとんどいないと思う。

唯一共通なのは、山頂が丸く広いってことですね。

子の権現の駐車場が折り返し地点。
折り返し地点から、関八州見晴台方面を望む。
画像

厳冬期はあのあたりが私のフィールドとなります。眺めてると行きたくなるな〜。(笑)

カンアオイの葉。
小さい葉はあちこちにあったけど、花が咲くような大きな株は見つかりませんでした。
画像


恐怖のドロップオフ・・・・・いやいや絶対やりませんよ。
画像

ここは50代はチャレンジ禁止ってaoringer条例で定められています。(笑)
40代ならいいんじゃないかな・・・・ぺーさんなら大丈夫でしょう。

いやーしかし、本日はいつもに比べて随分と転びましたよ。
さすが修行路って感じです。
でも、難しい場所で転んだケースは少なく(無理しないので/笑)、調子に乗ってイージーなところでミスしたり、最も多かったのは、ペダルヒット。
狭いので罠が沢山あるんですねぇ。
ペダルヒットの場合は、突然ガツンと体を投げ出す転び方になるので、怖いんだよな〜。

この辺は、修行ってほどでは無い場所。
画像
画像
画像

修行ポイントは動画を撮ってる余裕があまり無い・・・・それと狭くて撮影できない所が多いのです。

紅一点。
画像


約6時間、延々とアップダウンを繰り返し、結構疲れました。
んで、修行の成果なんですが・・・・・。

・・・・全然ダメっすね。(笑)

結局、老化には勝てないって結論かな。
なんか、反射神経や、体力や、精神力が退化してるよな〜〜ってのを確認するような修行でした。
・・・おまけに日陰だと目がよく見えないし。(悲)

でもね。
技術レベルは上がらないにしても、この修行路をやると、他の場所に行った時に余裕になって、楽しいトレイルが一層楽しくなるのです。(ここは楽しくないトレイルです。)
イージーな所ばかり走ってると退化するんだよな〜。

時々は修行が必要ってことですが、・・・・・怖いし気持ちよくないし・・・・・ついついサボる私です。
しかし、年寄りの冷や水って言葉もあるからねぇ。

下山した所には湧水があります。
竹筒の氷の中から水が流れてました。
画像


冷たくて最高!

・・・・・・年寄の冷や水か。。。。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー
すごいところ
50代ではむりですか
では40代が・・・
って本当に死んじゃうやつじゃないですか
安全第一です
ぺー
2014/12/23 20:12
今週は少し雪のありそうな場所に行くのかと思った(笑

ペダルヒットすると車体が振られるからまっすぐ前に逃げられないのが嫌ですよね〜
go_go_wheels
2014/12/23 21:48
仕事じゃなくて
修行したかったなあ〜。
しかしマイナス4°かいな。
214
2014/12/23 22:44
ぺーさん、写真は遠近法ですごいドロップオフに見えますが、実際はそれほどでもないです。1.5m位かな。
でも、いまだかつてこの高さから飛び降りたことはありません・・・・下がふかふかだったら逝ってみたいですね。

wheelsさん、雪は今年の始めにすっかりご馳走になったので、もう食欲が湧かないです。
・・・・そうそう、ペダルヒットするといきなり一輪車が横向くんですものね。
でも、スピードが出ているケースが多くて、前に逃げるとか、そんな余裕はなく、気が付いたらヘッドスライディング・・・・タッチアウト!!
・・・てなワケで、本日首筋が痛いです。(笑)

214さん、南の聖地は相変わらずエグいっす。
このルートを見つけた頃は面白かったのですが、失敗して痛い思いをするたびにトラウマが増える感じで、ビビる場所が多くなってしまった・・・・。
叩きのめされるMな快感を享受したいなら最高ですね。
元祖聖地の修行路が易しく思えちゃうものなぁ。
aoringer
2014/12/24 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
南の聖地で修行 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる