一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS お山でのインプレ。

<<   作成日時 : 2015/09/12 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

サーリーのダートウィザード26×2.75のテストと足のリハビリのため、聖地巡礼してきました。
この一週間はかなり天気が悪くて、聖地もかなりの降水量だった様子。
沢の水はゴーゴーといつになく大きな音で流れていました。
画像


巨大なキノコ。
カラカサタケでしょうかね。
画像


トレイルは一部川になっております。
前回以上にウェットです。
画像


イヌショウマの花が咲き出しました。
画像


オクモミジハグマも。
画像


見分けが難しい野菊。
これはシロヨメナかなあ。
画像


タマゴタケ。
画像

これは食べられます。
幾つか出てれば持ち帰ったのですが、残念ながら食べ頃のはほとんど無かったです。

出ました。
日本最大のヒル。ヤツワクガビルです。
画像

こんなのに血を吸われたら泣きたくなるが、幸いにして餌はミミズで血は吸いません。

ミドリヒョウモン。
画像


カシワの実。
画像


ヒロバネヒナバッタ。(多分)
画像


キチョウ。
画像


サカハチチョウ。
画像

昆虫たちも過ぎ行く夏を惜しんでいるかのよう・・・なんとなく寂しげ。

本日も山頂は爽やか。涼しい涼しい。
前回よりも早くて、朝8時の風景であります。
画像


さぁ、いよいよ新しいタイヤのテストですよ。
画像

とりあえず舗装路を若干走りましたが、舗装路の感触は最高です。
乗り心地がよくて、安定してて、DUROみたくゴロゴロ音は無いし、ずっと乗っていたくなります。
気持ちイイの一言。

で、トレイルです。
ハイローラーの26×2.4に比べると、乗り心地は雲泥の差って感じです。
やっぱり乗り心地が良いと疲れませんね〜。
しかも軽いんだから素晴らしい。

そして、テクニカルな難所では・・・・。

やはりグリップはハイローラーより若干落ちる感じです。
コンパウンドが違いますからね。

ハイローラーの細いタイヤの場合は、路面状況がダイレクトに伝わる感じで、一輪車の挙動もシャープ。
細かい操作で攻略するって感じでしたが、ダートウィザードは反応がルーズです。
細かな操作はやりにくく、エアボリュームに任せてルーズな操作で行っちゃえ!って感じ。
・・・・これは24×3.0の場合と同じ感じですね。

それとポンポンと風船みたいに弾む感じがあって、ネベガルやハイローラーのように、粘る感じがなく、弾んだ時にグリップが甘くなるようです。
慣れればうまくいなせそうな気はしますが・・・。

ちょっとした段差を降りるとタイヤがこんなに沈む。
空気圧は2キロぐらいで結構高めだけど、タイヤが柔らかいみたい。
画像
画像


それから横方向のグリップがいまいち。
これはもしかするとリム幅が狭いせいかも知れません。
もともとダートウィザードはリム幅5センチぐらいを想定して作ってあるので、私の幅3.5センチマビックではタイヤの扁平度が小さすぎちゃうのかも。

気になるほどではないですが、若干よれる感じもあります。

コーナリングはちょっと不安定に思いました。
ハイローラーはサイドにびっしりと並んだブロックのお蔭か、コーナリングがけっこう快感だったんですよね。
タイヤを傾けると、きちっとターンする感じが気持ちよかったのです。
細いハイローラーは安定感が無いので、その分重心を崩すとターンしやすかったのかもしれません。
画像
画像


ダートウィザードは安定してるので、逆にコーナリングは不安定になるのかな。
重心の崩し方が、まだよく分かってないのかも知れないし、ブロック形状のせいかも知れない。よく分かりません。

でも、曲がれないってことではないですよ。
あくまで「気持ちよさ」の話です。

それからもう一つ感じたのは、「速さ」。
タイヤの周長が大きくなったせいもあると思いますが、乗り心地がよいので、ついついスピードが出てしまいます。
・・・・これって結構危険だよな〜。(笑)

家の前をちょっと転がした時は完璧と思いましたが、山を走るとネガティブな面もありましたね。
まぁ、今日は初乗りだし、路面はウェットだし、思い通りにいかないのは当然なのかもしれませんが・・。

で、トータル評価としましては、何と言っても乗り心地の良さで、ダートウィザードのほうが良いです。
テクニカル斜面をテクニカルに遊ぶだけであれば、技術を駆使できる26×2.4のほうが面白いかもしれませんが、トレイルライドをトータルに楽しむのだったら、ダートウィザードのほうが良いです。断然楽です。
これなら雲取山に行く気になれます。

とりあえずはリム幅を変えるか・・・・。

結局KHリムになっちゃうんだな・・・・。(遠回り/苦笑)


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどー
そういう感じですかー
今日乗ってきた2.7も同じような印象でした。
クッションがいいです。
一長一短で好みの問題ですかねー
ぺー
2015/09/12 23:13
そうですか〜。リムも拡げちゃうんですね。
私は、結構今の細いリム+ハイローラーの組み合わせ、走りも軽くてグリップも良いのでまだ気に入ってますわ。なんとなく、もう重いのに戻りたくないという感じで・・。
(でもサーリーに乗ると気が変わるのかな〜)
クラ
2015/09/13 00:27
リム幅が50mmになると風船感もヨレも無くなり、全然別物になりそうですね。
いき
2015/09/13 17:46
どちらかというとパターンよりもサイドの柔らかさや
リム幅でフィーリングがぜんぜん変わりますよね。
go_go_wheels
2015/09/13 20:52
ぺーさん、もう年齢的に体に優しいのがいいのです。(笑)
激坂やテクニカル斜面、九十九折れ、根っこがらみのほか、極楽な中、緩斜面なにかをみーんな一緒に楽しむことを理想としている私としては、多少グリップ力を犠牲にしても、乗り心地が良いほうがマッチしてる・・・・って26×2.4を乗ってて思ったんです。

クラさん、27.5インチMUNIは細タイヤで悪くないと思いますよ。細くてもエアボリュームありますし。
乗りやすくて、なんか全体のバランスが良いと思ってます。
でも、怪我のせいで何かトラウマになってて、完治するまでは乗りたくないの。(苦笑)
サーリーだと、長年親しんだ24×3.0に近い感覚なのに軽くて速いんですよ・・・・・・きっと気に入るな〜。(笑)

いきさん、横方向の安定感はゼッタイ向上しますよね。
設計が5センチ幅のリムなので、ブロックの位置とか、見た目にもちょっと扁平不足なんですよ。
走ると見た目ほどには感じませんけどね。

wheelsさん、その昔、wheelsさんがリム幅を研究していたのを思い出します。(笑)
サーリーはサイドがすごく柔らかい・・・って言うよりペナペナなんで、風船フィールなんでしょうね。
まぁ、これがサーリーの狙いって気もします。
テクニカルなところではマイナスだけど、乗ってて気持ちいーんだよなぁ。
ちょっと強度が心配だけど・・・。
aoringer
2015/09/13 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
お山でのインプレ。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる