一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとロングコース。

<<   作成日時 : 2015/10/19 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

足の怪我以来、聖地のリハビリばっかりでしたが、やっと右足に力を入れられるようになったので、ちょっとハードなコースへ行ってきました。
画像


埼玉の名山、武甲山に出撃で〜す。
武甲山だけなら聖地とあまり変わりませんが、武甲山から子持山、大持山と、ほぼ同じ標高の山を3つ周回するコースは、全行程6時間ぐらいとなかなかタフ。
画像


人気の高い山&コースなので、平日じゃないと厳しい。
今日は月曜日だけど、朝6時15分の時点で、駐車場にはすでに2台車がありました。

登りはずうっと杉林です。
面白くないので、せっせと登っちゃいます。
登り始めてすぐの滝のところに、なぜがペットボトルが多量に置いてありました。
画像


登山者用の水の提供か?と思いましたが、さにあらず。
山頂のトイレが水不足のため、登山者に水の荷揚げをお願いするものでした。
う〜ん。一輪車を担いでなければ5リットルぐらいは持ってってあげるんだけどな・・・・今日はごめんなさい。

・・・・・・って一輪車を担がない登山をするのか?(笑)

落雷で燃えたと思われる木。
画像


おおむね中間地点にある大杉。
画像

小休止してると、風もなくてとても静か。何の音もしない・・・・。いーねー。

地味で暗い杉林の中で、ちょっと鮮やかなムラサキシキブ。
画像


2時間ほどで山頂着。
本日の眺めは素晴らしいです。
画像

地表近くにたなびく雲がカッキー。
まるで空を飛んでるみたい。

さぁ、ここからがお楽しみ。
武甲山山頂から、子持山方面へ下るトレイルが面白いのです。
画像

武甲山に来る目的は、このトレイルを走るため、ってのが大きいのです。

トレイルは至って狭い。
傾斜は急でザレ気味。
そのうえ笑えるぐらいクネクネしてる。
こんなトレイルは他にありません。

痩せ尾根で落ちたらヤバいってところだったら、乗る気になれないでしょうが、この斜面は幅が広く、ミスっても大丈夫なのです。

難しくて、ストップ&ゴーの繰り返しですけど、めちゃ面白い。
いっぱいお尻を打ちました。また見事なアザになるなぁ。(笑)

こんな道です。
画像

この写真は直線ですが、ほとんどがクネクネのパイロンスラロームみたいな下りです。
クネクネしてる箇所は写真で撮っても、草に道が隠れてしまってよくわからないのですよ。

ヤマトリカブトが咲いてました。
画像


クネクネトレイルから、これから行く子持山、大持山を望む。
画像

カラマツは少し黄色く変わってます。

楽しい道を下りきったところがシラジクボって場所。
画像

看板に急な登りって表示してあるのが、今降りてきたクネクネ道のことです。

ここから子持山へは、下った分をまた登ります。
一輪車で走った後の登りって辛いよね。

子持山からの武甲山の勇姿。
画像

落葉樹林と針葉樹林の間が降りてきたクネクネトレイルです。
あそこを一輪車で下ってきたのか〜・・・・・・一般的にはバカに思えるでしょうね。

子持山から大持山までは、気持ちのよい尾根歩き。
・・・・そう、尾根走りではなく、尾根歩き。
岩の痩せ尾根で乗車できるところはほとんど無いのです。
歩くのも大変な場所が点在してます。

でも、明るくてとても気持ちが良い尾根。
画像

仮に路面状態が良くて一輪車で走れても、景色を楽しみながら歩かないともったいないような道です。

岩陰にリンドウが咲いていました。
白い斑点と黒い斑点のがある。なんで?
画像
画像

それにしても、秋遅くに咲く花は青い花が多いですね。
赤や黄色は紅葉と混ざっちゃうからかな?・・・・・う〜んあり得るかも。

のぞき岩からの絶景。
画像

落ちたら即死。
なんか吸い込まれそうで怖いっす。

ふと目に入ったピンクモザイク。
画像


大持山が見えてきました。錦の尾根。
画像


大持山到着。
ここからは下るのみです。
画像

妻坂峠へ下るのですが、急な下り坂ありって書いてありますよね。
そこが、このルートで2番目に面白いところ。

マグラブレーキだと、指が悲鳴を上げる場所です。
でもディスクにしてからは大丈夫。ディスクの効果を確認できる下りです。

急な下り坂に至る前に、極上の極楽トレイルがあります。
バビューンと下れる・・・・・26インチにサーリーのタイヤだと、周長はかなり27.5インチに近いのでスピードがでます。
画像

MTBと変わんないじゃね?って思ったけど、んなわけないね。(笑)

極楽トレイルを過ぎて、急坂を下りましたが、サーリータイヤはここの急坂ではグリップ良好でした。
あまり砂が混ざってない路面です。土質によっては使える場所もあるんですね。
基本、サーリーはザレ気味の場所はダメな感じです。

かくして無事下山しましたが、いやいや結構疲れました。
右足のほうは少し痛みがあって、6時間の行程だとちょっと厳しいのかな。

なんか、完璧に治るには一年かかる気がしてきましたよ・・・。


でも、まぁ、本日は最高に気持ちのよい天気で、この気持ちよさを堪能できるんだから、問題ないよね〜。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやーダイナミックですねー
6時間っていうとRZ山と同じぐらいですね。
雲の上ってのが最高ですね。
そういうところに行きたいです。
ぺー
2015/10/20 22:56
6時間のうち、一輪車に乗ってるのは1時間30分ぐらいかも・・・・ほとんど登山のコースです。
でも、ちょっと他には無いトレイルが面白くてお気に入りなのです。
天気が良ければすべて良し♪・・・ですよねぇ。
aoringer
2015/10/20 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとロングコース。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる