一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 下見に行ってきました。

<<   作成日時 : 2011/01/16 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

来週のユニツアー第8弾の下見に行ってきました。
別に下見の必要性は無かったのですが、冬型の北西の風ビュービューという予報だったので、そんな時こそ天国な倉戸山♪
一年振りに下見を兼ねてってことで。

朝5時40分頃に家を出たときには、雪がちらついてました。
御岳辺りの道路にもうっすら雪がありましたが、奥多摩湖には無かったので、ほんのちょっとだけ局地的に降った感じですね。

まだ水面に光がとどかない朝の奥多摩湖
画像
登りの途中にある廃業した旅館。
湖を見下ろす場所にあって、なんか時代を感じる作りが渋くて、毎回気になる建物です。
画像


倉戸山のこのトレイルは広い尾根が特徴です。
登り始めは尾根に出るまで杉林の急な登りがしばらく続きますが、尾根に出ると、ぽっかりと落葉樹林の明るい斜面となり、スキー場のゲレンデみたいなのです。
登ってきて、最初にあるのがこのゲレンデ。眼下に奥多摩湖を望む斜面で、勝手に第一ゲレンデと呼んでます。
それなりに斜度があります。
画像


次にあるのが第二ゲレンデ。
こちらは、斜度がなく平らな広場。スキーの初心者コースってとこかな。
画像


第二ゲレンデの先には、多少テクニカルな場所もあります。
画像


そして第三ゲレンデは山頂直下。
写真ではよく分かりませんが、一番急な斜面です。
画像
倉戸山はこれらの広い尾根が災いしてか、遭難が多いみたいです。
道がどこか分からなくなってしまうようです。
第一ゲレンデ、第二ゲレンデは尾根筋なので、尾根のピークを確認してれば迷うことはないと思いますが、山頂直下の第三ゲレンデは全体的に丸いので、迷うとあらぬ方向に下ってしまう可能性があるかも。
だからでしょうが、正規の登山道には、やたらと赤いテープが木に巻いてあります。
これだけ巻いてあれば安心です。

倉戸山は山頂も平ら。
山頂と言うより、ここから鷹ノ巣山へ続く平らな尾根の一部って感じです。
画像

山頂の木にあちこちくっついているヤドリギ。
宿主が落葉すると目立ちますね〜。
画像


来週はこれらのゲレンデで落ち葉遊びをする計画なのですが、何か去年より落ち葉の量が少ない感じです。
風向きが違ってたのかな?
まぁ、工夫して適当に遊びませう。

下界では北西の冷たい風が吹き荒れてたようですが、案の上、倉戸山の南斜面は無風。
下りの途中で最近定番の缶コーヒーブレイク。気持ちいいです。
画像


このトレイルは、斜度のある斜面がまとまっているので、足の疲労よりブレーキをかける指のほうが疲労します。
それでも、距離が短いので、まっすぐ降りてきてしまったら、多少物足りなさを感じました。
やっぱり、ゲレンデを登り降りして遊ばないと満足できないな。

駐車場に戻ったら、私の車の周りはクラシックカーだらけになっていた。
一昔前の懐かしい車がずらり。
画像
画像

エンジンルームを開いて、皆さんで品評会ですかね。
世の中色んな趣味の人がいるもんだ・・・・・って、そんな車に囲まれて、フツーのミニバンに普通じゃない一輪車をそそくさと乗せてる私の立ち位置はどんなんでしょう?・・・・・。(苦笑)

にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
第8弾に参加します♪
廃墟旅館が趣きありますね。
ブレアウィッチみたいで。
YAYA
2011/01/17 20:17
うほほ〜い♪
お待ちしてますよん。
214さんもいらっしゃる予定です。
草鞋で登るのでしょうか?(笑)
aoringer
2011/01/18 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
下見に行ってきました。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる