一輪車で山を走ろ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 顔面着陸をきめました。。。。。

<<   作成日時 : 2012/01/15 20:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

本日は聖地ではございません。
214さんが同行できると言うことなので、車2台を活用した新ルートへ!

と言っても、初めての場所ではなく、かつてMTBで何回か走ったことのあるコース。
まぁ、10年ぐらい前の話ですがね。
秩父の丸山って山の北に伸びる長い尾根を下るコースです。
画像

↑いきなり、気になる写真でしょ?(笑)

駐車場からの登りでは、近くに聖地「堂平山」が見えました。
直線距離では近いけど、道は山道なので、行くのは大変だと思う。
画像

途中でコガラが死んでいるのを214さんが発見。
まだ暖かかったです。
車にぶつかったのかな・・・。かわいそうに・・・。

車で山の上まで来てしまったので、すぐにトレイルライド開始です。
画像
↑ちょっとそそられる看板でしょ。
でも、最初はずうっと斜度の無いイージーなクロカントレイル。
ただし、ところどころ霜柱トラップがあって、やや走りづらい。
画像


平らで凸凹の道は、漕ぎが辛くて好みじゃないです。
あんまり面白くないのに疲れるんだもん。
凸凹道なら、傾斜の強い下り坂のほうが楽だし楽しいです。

クロカントレイルがズーッと続いて、突然前方が開けると、そこにはかつて、四輪駆動車愛好家が山でやんちゃをしていたコースがあります。
MTBの時も、ここのセクションで色々遊んだりしました。

で、もちろん一輪車でも遊んだのですが、遊び始めでこんなことに・・・↓。



いや〜、見事な顔面着地でございましょ?(拍手〜!)

眉間から流血、挿し歯が欠けた。左膝上も打撲。
50のおっさんがこんな事してていいのか・・・。(少し反省)
でも、一番困ったのは、左側の眼鏡のレンズが行方不明になってしまったこと。
かなりしつこく探したのに見つかりませんでした。
落ち葉が沢山あったので、紛れてしまったようです。

と言うわけで、ここから先は、右目視力1.2、左目視力0.1以下って、ファンタジックな視界でのトレイルライドとなってしまったのでした。

ここから先は、傾斜が強くなり、テクニカルな場所も出てきましたが、視界がぁ〜!!
こんな体験はもちろん初めて。
最初は、雨の中で、レンズに水滴がついたのと似てるな・・・と思いましたが、やっぱりチョット違う。

一番問題なのは、遠近感がつかめないってことでした。
段差が深いんだか、浅いんだか、よく分からないんですよね。
頭にきて、眼鏡を外してみましたが、今度は段差の存在すら分からない・・・。(笑)

メンタルが重要な一輪車としては、こういう不安要素は最低です。
まったく納得のいかない走りとなってしまいました。

このトレイルは、前半はクロカン系でしたが、後半は、石がゴロゴロで狭く、なかなか手ごわい状況でした。
足の力を抜くと石でつんのめるので、ずーっと足に力を入れている状態・・・・・なので、すごく疲れる。

214さんと頻繁に休憩をとりながらの走りとなりました。
結構テクニカルな場所もいくつかあって、眼鏡があれば行けたんじゃないかって・・・・その真偽が分からないところがムカつくのですよ。
画像


214さんは例によって、遊んでます。
画像
片目の見えない私は遊べない・・・。

ずうっと林間コースでしたが、前方が開けて景色が見えてくると、もう終点でした。
最後は墓場を通って、駐車したお寺に到着。
画像


とにかく、本日はかなり欲求不満。
ちゃんとトレイルを走った気がしません。
山の上に駐車した車まで戻ると、車内にスペアの眼鏡があるので、近くの丘で両目が見える状態の走りを確かめちゃいましたよ。
なにげにその丘からの景色は素晴らしかった。
画像


本トレイルは絶対にリベンジです。

214さん、またヨロシクお願いしますネ〜。


にほんブログ村 自転車ブログ 一輪車へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです、こんなネタの時にカキコミですみません。
MUNIの達人でも顔着してしまうのですね。
僕も自転車トライアルでヒューム管ステアを失敗して、顔着したことがあります。右目周りが、真っ黒になりました、目は大丈夫でしたけど。
お大事に・・。
ちなみに、最近の僕はユニトラがメインで山は走っていません。nebokさんにたまに会いますが、彼もあまり山へは、行っていないようです。
また たまにカキコミさせていただきますので、お願いします。


dachiman
2012/01/16 00:29
最初笑ってしまいましたけど(すいません)、実は結構あぶなかったんですねぇ。動画の感じは落ち葉のあるようなとこですが、もしそこに岩でも隠れてろうものなら・・・。(考えただけでも恐ろしいですねぇ)
とりあえず、たいしたことなくて良かったです。
クラ
2012/01/16 06:45
dachimanさん、久し振りです。
私もかつて自転車トライアルを少しやってました。
MTBで山を走る時のプラスになるかなってことで。
一輪車ではもっぱら山専門で、トライアルはやってないんですよね。20インチのユニも持ってない・・・。
・・・正直、やらない原因は、時間と体力が無いってことです。(笑)
コメントお待ちしてますよ〜!

クラさん、笑っていただけて本望です。
何であんなことになったのか・・・・予想以上にタイヤがグリップして、ブレーキが効いてしまったのか?
一瞬のことなので、良く分かりません。(笑)
ヘルメットの有り難みが良く分かりましたよ。
バイザーも、多少は衝撃緩和に役立つかも。
下は土だったので助かりました。
でも、まぁ、下が岩だったら怖くてやりませんけど・・・。(笑)
aoringer
2012/01/16 21:01
おっさん達へのセンター試験といった感じのハードな
トレイルでしたね。(隊長は足切?不正行為発覚?)
雪が降る前に一般入試でリベンジ!
214
2012/01/16 22:50
トラブルメーカー、NG大賞は214さんの独壇場だったのに・・・・何故か流れがこちらに来てますよね。
早く本流に戻さないと世の中がうまく回らないと思うんですよ。
動画はご家族で楽しんでいただけましたでしょうか?
主役の座を奪ってしまったことをご家族にお詫びするとともに、速やかに座をお譲りすることを誓います。
aoringer
2012/01/17 21:53
いや〜、まさにこれぞ武士の魂。火の玉となりて玉砕するの図を見せていただいたやうな気持ちです。今まで使っていたメットは顎紐が切れたまま、ごまかしごまかし使っていましたが、aoさんのクラッシュ動画を見て、思わず新調しちゃいました。
cokeruuolf
2012/01/18 11:50
cokeruさん、敵艦に突っこむ山桜の姿を笑っていただけましたでしょうか?
ヘルメットやプロテクターはホント大事ですよ。
ヘルメットに助けられるってことは、滅多に無いですけど、ニーシンガードや、エルボーガード、それと背中のバッグにはしょっちゅう助けられてます。
よくダメージを負うのは尻と掌。
尻には自転車用のパッド、掌にはグローブを着けてますけど、薄いのでダメージは避けられないです。
スノボ用のパッドがついたパンツも持ってますが、ちょっとごわごわしててねぇ。
グローブは掌にパッドのついたものが各種あるので、導入しようかと思いつつ、面倒だからそのままにしてます。
しかし、正直なところ、体のどこかにかさぶたがある状態が好きなので(変態?)、完璧なガードは寂しい面もあるんだよな〜。
aoringer
2012/01/18 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
顔面着陸をきめました。。。。。 一輪車で山を走ろ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる